アクセスランキング 【中日新聞杯2017】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【中日新聞杯2017】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ストーンウェア、タイセイサミット、パドルウィール、バンドワゴン、フェルメッツァ、フルーキー

チャレンジカップ2017最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ




ストーンウェア

※追い切り映像は無し。

ノベンバーS1着。好位を取って上手く運んでの辛勝なので、評価はそれほどでもない。二走前の6着は上がり勝負で後方にいてしまい33.1秒を繰り出すも前を捉えられなかった展開要因が大きく、こちらは度外視してOK。

タイセイサミット

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 一杯

4F51.4 3F37.6  2F24.9 1F12.6

エプソムカップ6着。乗りやすそうな印象の馬でレース中、ムダに消耗して自滅するとかはないハズ。エプソムカップは直線で差し馬としては堅実なコーナリングで回ってきたんだけど、前5頭が止まらずに6着まで。ちょっと展開にやられた感もあるので評価を下げる必要はない。

ただ、追い切りで肩ムチが間を置いて手応えを確認しながら3発も入ってしまった辺り、動き(というか気勢)にもう一つ欲しい所はあるんだろう。

ここを使ってからじゃないかな。まだまだ本調子ではないと思うよ。




パドルウィール

※追い切り映像は無し。

小倉日経OP5着。あんまりパンチの利いた脚を使ってこないし、そもそも4角での手応えがイマイチ。重賞だと厳しい気もするけどね。

バンドワゴン

栗東 坂路 良 水曜日 単 強め

4F51.9 3F37.9  2F25.7 1F13.4

小倉記念11着。出遅れたり、掛かったり、物見が激しかったりでアテにしづらい。脚は速いから、気分良く運べれば違うんだろうけど、なかなかそれは大変だろうね。

追い切りは時計が速かった事と、馬場の荒れている時間にやった事もあいまって、終いで脚がアガってしまっており全く良く見えない。

この感じだと、スタートさえまともなら逃げるのかな?

いずれにせよ、不安定な色合いの強い馬だから、強めに検討するべきではないと思うよ。

フェルメッツァ

栗東 CW 良  水曜日  単 一杯

6F81.9 5F66.6 4F52.6 3F39.7 1F12.5

福島記念6着。キレイに先手を取って、経済コースを確保した上手い騎乗だったけど、終い伸びなかった。あの走りが能力一杯だと思うんだよな。

追い切りはコースの外をきっちり回って5F66.6秒の速い時計。終い若干手応えが怪しくはなったけど、G3狙いならこの動きで順当と言う所だろう。

ムチが入った時にもっと強い反応を返してくれれば良かったと思うんだけど、贅沢は言っていられない。




フルーキー

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 強め

4F52.0 3F37.9  2F25.0 1F12.8

福島記念12着。競馬上手な馬で手合いは作れるんだけど、全盛期の勢いがなく4角で今は手応えが怪しくなる。まぁ、まず切りで良いと思うよ。

追い切りでも終いでムチで何度もアオられても気勢が入って来ずだから、これではどうしようも無さそう。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)