アクセスランキング 斤量の影響【質問回答】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

斤量の影響【質問回答】

※当記事は過去記事の再投稿となります。

今日は読者さんからの質問に答えてきます。 by アラシ

Q.初めまして、フォロー(※注.ツイッターの事)させていただきました。 いきなりで申し訳ないのですが、 斤量の影響について解説をしていただけないでしょうか?不躾ですいません。

A.

これはかなり複合的な要因が絡む話なので、端的に答えるのはまず難しい所ですね。ゆえに、以下に回答する事はあくまで、「馬に乗ったときの感触がこうである」「アラシがレースを見ている分にはこのように思う」と言った程度で捉えて頂きたい所です。

ただ、一つ言える事は「斤量が1㎏重くなると1馬身の差がでる」と巷で噂されているような、デジタルでキッチリした差を割り出す事は、ハッキリ言って不可能だと思います。これだけは自信を持って言い切れます。



|斤量を気にする馬と、あまり気にしない馬がいる

まず、乗っていて思うのが、騎手の荷重を気にする馬と、あまり気にしない馬がいると言う事。

私は体重が85㎏ほどあり、日本人の馬乗りの中ではかなり重い方だったので、馬にかける荷重についてはかなり気をつけて乗っていた方です。

その上での経験論で言うと、単純にまたがった場合、重量を気にして来る馬とそうでない馬はいましたね。

同じくらいの馬格の馬で乗り比べても、気にする馬は指示に対する反応が現れるのが緩慢なんですよね。こちらの指示には従ってくれているけど馬の動きがそれこそ重たくて、反応が返ってくるのに時間がかかる、こちらからすると「重そうにしているな」というのは感じますね。

基本的に体格の良い馬は、あまり乗り手の荷重を気にしない傾向はありますね。小柄な馬ほど影響を受けやすく、乗り手のバランスがブレるとヨレてしまったりもしますからね。

まぁ、500kgの馬が85㎏を乗せるのと、460kgの馬がそうするのとでは、違いますからね。

体格以外にも、以前コラムで書いたように「背筋に張力がどれだけあるか」でも、かなり違いますね。

http://motobajutu.sakura.ne.jp/datebase/?p=569

馬術の場合(競馬の返し馬でも)、馬が体を動かせるように、馬のフォームを乗り手が作っていくのですが、ハミの当て方を調節して馬の頚を前に真っ直ぐ伸ばすんです。すると頚の筋肉が伸びるのに連動する形で背筋が伸びる。張力のある背筋は丁度、引っ張ったゴム紐の様で、上からの荷重にも強くなる。

この時の張力で馬の背中って体感できる位、高くなるんですよね(2cmくらい高くなっているらしいです)。

なので、私の経験からざっくりまとめると、

・荷重を気にする馬と、あまり気にしない馬がいる。

・大きい馬は基本的に荷重に強い傾向にはある

・背中の出来にもよる

と言う事になりますね。

|競馬の場合は

馬術の場合と同じで、反応の速い・遅いはあると思います。

ただ、道中の消耗や、その馬が本来持っている力量や特性も加味されるので、そこから一概に「斤量の影響」のみを抜き出して、「これくらい影響があった」と回答するのはおよそ不可能な事。

実際にその馬に騎乗していた騎手や、その馬を管理する調教師でもここは明確に答えられない事と思います。と、これは前置き。

斤量の影響が大きかったレースだと、最近では2016年のチャレンジカップで3着に入ったケイティーブライド(斤量52㎏)は、斤量の有利が活きて伸びた3着だったと私は思っています。注:この記事は2016年12月に旧ブログに投稿した記事を新ブログで再投稿したものです。

道中、中々開かなかったんだけど、相手から他馬に比べて加速が鋭く一気に脚が入った感じで。

11番人気だった事もあり、「この馬がこんな脚を使えるの?」と思って見ていたら斤量が52㎏だったので、その恩恵は大きいかなと思うんですよね。

他でいうと、スタートから好位をとりやすいという傾向にもあると思います。

ちょっと具体的なレース名を忘れてしまったのですが、以前何かのレースで「斤量が軽いためか、好位が取れてそのまま残せた」と所見を述べた事があります。何のレースだったかな・・・。

|まとめ

斤量は当然、数値で表現できるものなので、「1㎏増えるとこれだけの影響がある」という解を求めがち。ただ、私は正直、1キロ~2キロくらいの差なら、それこそサジ加減というヤツで、重要視するほどの影響は出にくいと感じています(5㎏差があるとさすがに違うと思うのですが)。人間でいうと5.5kgのダンベルと5.7㎏のダンベルを反復してリフティングする際、勿論統計的に差はでるのでしょうけど、そこまで気になるほどの速度差・回数差は出ないように思います。

不確定な域を出ないテーマなので、推論が多くて恐縮ですが、私が経験的に、またレースを見て斤量について思う事は大体、上記までの内容ですね~。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yos より:

    昔、斤量の質問を小島太厩舎の小島良太さんにした事があります。
    長い距離を走るからやはりそれなりに出ますよとの事でした。
    個人的にはステイゴールド産駒は斤量耐性があるなぁと思ってます。
    欧州血も酷な斤量で走ってるから強い気はしてはいます。
    大谷内氏によれば馬体がデカイ馬は弛い馬が多いので意外に弱いと言ってましたね。
    筋肉の質にもよるのかも知れないですね。