アクセスランキング 【朝日杯フューチュリティステークス2017】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【朝日杯フューチュリティステークス2017】最終追い切り所見  3/3 元馬術選手のコラム【競馬】

ヒシコスマー、ファストアプローチ、フロンティア、ムスコローソ、ライトオンキュー

朝日杯FS2017最終追い切りについて所見を述べていきます。3/3 byアラシ




ヒシコスマー

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

6F85.2 5F67.8 4F51.5 3F38.1 1F12.0

万両章1着。前走は、他馬との兼ね合いを敬遠するのか、後方待機の戦術を採った。デイリー杯のコーナーで他馬にすり寄られた際に外側に逃避してレースになっていなかったからね。一頭ポツンの位置で競馬をする方が良さそうだよ。

追い切りは三頭併せの真ん中。併せて追われてからの反応は素早いし、特に出来に不足していると思う所はないな。

ファストアプローチ

美浦 坂路 良 水曜日 併せ 馬なり

4F54.6 3F39.9  2F26.1 1F13.4

芙蓉S2着。折り合いは申し分なくつく馬だから、もっと距離が長い方が強みを活かせるかもとは思う。末脚は持っているけど過去2走とも直進させるのに多少気を使いそうな印象は受ける。100%メイチで追えるかどうか。

追い切りでもそうだけど、この馬、ハミのハマりがかなり悪いね。走りがフラついている上に浮ついていて、全然グンッとくる所がないよ。やはり長距離馬なのかな。

フロンティア

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

5F69.0 4F51.5 3F37.4 1F11.7

デイリー杯2歳S4着。ゲートは毎回メチャクチャ速いので、先手好位は余裕で狙える。前走は4着に敗れているけど、直線で馬に気合が入らなかった感じ。脚勢が確りしていてバテた様でもなかったんだ。この辺、今回も出るかな?十分仕上げていれば対応出来る気がするけど、どうなるか。

追い切りは僚馬に大きく先に行って貰い、終いで追い付くスタイル。一時のイスラボニータみたいに気を抜く馬に多い調教スタイルだけど、この馬もそうなのかな?まぁ、確かに前走も言われてみれば追われて伸びていないし、そういう所もあるのかも。

ちょっと信頼度は落ちたな。

※過去走チェックと追い切りチェックは別々の日(月・火と水・木)に実施していて、基本的には追い切り所見記述時に意図的に過去走部分の文章を見ないようにしている。(追い切り所見が過去走所見に極力依拠しないようにするため)なので、過去走所見と追い切り所見で共通見解が出たのはおおむね別個独立の視野から見た見解が合致したと言う事になる。これだと、文句なしでこの馬は追って気合が入らない、という結論になるね。




ムスコローソ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

5F69.4 4F53.7 3F39.3 1F13.5

500万下1着。新潟2歳Sを1番人気で12着に敗れている。あのレースは運びはまともだったけど、不思議を伸びなかったね。次走ではキッチリ勝ちとは言え、クビ差だったしどこまで評価出来るか。クチが少し右に向いている以外は特にクセとかはなくて、全うな馬という印象。

追いきりは終い追って13.5秒だと足りないと言う印象だね。スピード不足かもしれない。ここはどうか。

ライトオンキュー

栗東 坂路 良 水曜日 単 強め

4F54.1 3F39.1   2F25.6 1F12.9

未勝利戦1着。ロスなく回って、直線で勝機を待って一気に追った四位騎手の騎乗が光ったレースだった。好騎乗に助けられて際どい勝利となると、500万下を飛び越えていきなりG1挑戦というのは無理がある。

追い切りも然りでけっこうマジな脚勢で走らせているのにこの時計だと普通に遅い。G1どころか重賞でも完全に見劣りする内容で、いきなりここは考えられないよ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)