アクセスランキング 【朝日杯フューチュリティステークス2017】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【朝日杯フューチュリティステークス2017】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

朝日杯FS2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




ダノンプレミアム 1着

内枠からスタート良く運べたとは言え、圧巻の手応えで伸びた。これは強い内容だった。序盤で後ろからケイティクレバーが上がって行った所で、釣られて行きそうになる等、今回は多少折り合いに課題が見られた。レース後半こそは落ち着いていたけど、前半の時点では他馬の後ろに入れたそうにしていたし、少しの時間だけど掛かる所が出ていた。

これまでのレースでは噛む所も無かったし、追い切りでもそういう気配は無かったので心配はしていなかったんだけどね。今日はパドックからハミを咥え込んで口元に唾液が多量に分泌されていたから、「おや?」とは思った。

※馬はハミを噛むと唾液が分泌されるので口元が白くなる。

折り合いはとりあえず様子見するしか無いと思うんだよな。少なくともこれまで2戦とも折り合いを欠く所は無かったワケだし、今回もレース後半は落ち着いていて極端に響くような運びにはなっていなかったし。

4角時点で直線が捌けそうな状況にもなっていたから、川田騎手も落ち着いてスパート出来たんじゃないかな。一番人気の早め先頭なんて何かとマークされる位置にいたのに、あそこから突き放すんだから大したものだよ。

直線も全然本気で追われていないし、G1を勝って尚、底を見せていないんだから来年が楽しみだよ。

距離は長くても問題ないと思うし、ゆったりと仕上げてクラシックに来てくれれば。




ステルヴィオ 2着

直線狭い所に入って追い出しを若干待たされての2着ならかなり上出来じゃないかな。進路取りの際、他馬を弾いていたように一見見えるけど、これは内にいたケイアイノーテック幸騎手がステルヴィオを突き飛ばした結果、外の馬が弾かれたものなので、Cデムーロ騎手には落ち度は無いと思うよ。

ただ、4角で13番のアイアンクローを弾き飛ばして進路を確保していた様に見えた(パトロールでも見えづらい)から、これはちょっとどうかな?とは思った。

道中で接触があって気持ちが乱れたりもしていたから、もっと上手く運べていれば更にやれたと言う、むしろ手応えを感じる内容だったね。

ダノンプレミアムが強い競馬をしたけど、この馬も直線でダノン以外の馬を一気に抜いて2着に来ているし普通に今後も楽しみ。

まともに運べればもっと強い競馬が出来るハズ。今日はちょっとちぐはぐ感があったのに良くやったと思うよ。

タワーオブロンドン 3着

インコースを取って終始ダノンプレミアムをマークしてよい展開に持ち込めたんだけどね。序盤数秒だけ行きたがる素振りを見せたけど、それ以外は概ね折り合って運べていたし、直線の前捌きもスムーズな方でまず良いタイミングで追い出せた。

殆ど同じコースを通った勝ち馬には引き離されてしまい、実力負けと言う感じにはなったね。

それと、最後の方、手前を替えても最加速がほぼ見られなかった。坂で伸びが止まった感じだし、距離かな?とは思った。

1400mとか短い方が合うように思ったね。今回、馬は直線で確り手前を替えて最後まで頑張ろうとはしていた。引き続き期待して良いと思ったよ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)







コメント

  1. 節穴 より:

    正直、想像以上でした。先行して差すといった感じですかね。親父より強いんでないかと思います(笑)

    • arashi2400 より:

      好位からあれだけ伸びられると後続はたまりませんわ・・・。
      こんなに強いとは思っていませんでした 汗