アクセスランキング 【ホープフルステークス2017】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【ホープフルステークス2017】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

ホープフルS2017のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




タイムフライヤー 1着

ちょっと出負け気味のスタートだったけど、そのままジッと我慢して馬を焚き付けなかったのは前走からの反省だろうね。

前走はスタート後にちょっと推したら掛かってしまい、武騎手のグレイルにマークされて終いで交わされてしまったから・・・。

それでも1角進入時に大きく掛かる素振りを見せた辺り、やはり折り合いは付きにくいんだろう。

道中は武騎手のジャンダルムを絶えずマークして、4角で他馬の間を巧みに捌いて直線で絶好の勝負手を作ってあげる事ができた。ガンガン強気に乗るC.デムーロ騎手の手綱捌きが(今回この馬が後方待機する要因になった)掛かりクセを上手くカバーする形になったね。

掛かって消耗した前走と違い、タメが利いた事、4角で一気に動いた事、目標としたジャンダルムが早めに動いた事が上手く噛み合って、この馬の実力をかなり発揮できた感じだね。末脚もかなり良いものを持っている。

折り合いは引き続き一定以上の程度で課題になると思うから、クラシックでどうなるかは分からない。今後、ファームでどれだけ調整出来るかは鍵になりそう。




ジャンダルム 2着

前走で結構掛かっていて、距離延長は同なんだ?と思ったけど普通にこなしてきた。実際1~2角辺りで掛かりそうな気配は出たんだけど武騎手がかなり上手く折り合いを付けて上げていた。

いつも思うけど、この折り合いの付け方はさすが超一流だと思う。2歳馬で競馬を教えないと行けない馬なんかは特に、陣営や馬主さんから見ても心強いよね。

道中~勝負所は、ずっとマークし続けていたルーカスを意識して一緒に上がっていったのが運のツキと言ったところ。ま、人気所だしこれは仕方がない所だろう。

それでも直線でルーカスがダメだと分かると追いを緩めて、後続の警戒に切り替えてタイムフライヤーと併せる形を取って、接戦にまでは持ち込んだ。4角で早めに動いた分と、一気に追われた勝ち馬との差は出た感じだね。

負けはしたけど、展開のアヤを考えれば十分強い内容だと思う。2000mも普通にこなしていたし、収穫の多いレースになったと思うよ。

4角、逆手前で回ったのも最後に響いたかな・・・。逆手前でよくぞ中山のコーナーを無難に回ったな、とも思う。まぁ、よほどひどくない限りはその内改善してくるだろうから、この辺も今後の上積み要素かな。

ルーカス 6着

ちょっとカリカリして運んだけど、4角で伸びようとする気配が出ていたりと体力的には割りと持っていたんだと思う。

性格的に難しいと言うか、反抗的な所があるようでムチを打った瞬間、馬が止まった。普通逆だろ。

追い切りでの落馬事象も、俺の見立てではムチに反抗して意図的に急激に斜行したものだと思うし、ちょっと悪い意味で自分を持っている馬なのかもね。

今後もムラ駆けの激しい所は出そう。

追い切りでの落馬事象は、右の肩ムチに馬が怒って急激に右側に斜行して、鞍上を振り落としたものだと思う。もし右ムチに驚いたのであれば、右側に逃げるなんて事は起きないし、視界を高くするために頭を大きく上げて、目を見開くハズで、放馬後も本能的に突っ走って逃げようとするハズなんだ。

そういう所は無かった以上、多分意図的なのかな、と思っている。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)