アクセスランキング 【中山金杯2018】最終追い切り所見  3/3 ブラックバゴ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【中山金杯2018】最終追い切り所見  3/3 ブラックバゴ等 元馬術選手のコラム【競馬】

パリカラノテガミ、フェルメッツァ、ブラックバゴ、マイネルミラノ、レアリスタ

中山金杯2018最終追い切りについて所見を述べていきます。3/3 byアラシ



パリカラノテガミ

※追い切り映像は無し。

ブラジルカップ13着。これはダートの不良馬場だったから参考外として、オールカマーやその前のレース見ても4角一杯でボテボテの直線だからね。まずないと思うよ。

フェルメッツァ

※追い切り映像は無し。

中日新聞杯14着。直線包まれて全く追えていなかったので、割り増し要素はあるよ。ただ、福島記念で先手をスンナリとって理想的な運びをしていても今ひとつ粘れず6着したあたり、ちょっと足りないのかなとは思う。

ブラックバゴ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 終い一杯

6F81.5 5F67.2 4F52.9 3F39.0 1F12.6

アンドロメダS1着。スタートがとにかく下手なので後方からの競馬になるのは確実と言い切って良い。末脚はある馬だからそれでも来るかもしれないけど、まず無理に突っ込まなくて良いと思う。

追い切りは内を回った分で3Fまでの時計が速くなってしまっている事には注意。直線は結構追われたとはいえ、12.6秒をそれほど苦労せず出してきておりやはり脚はあるんだなと思ったよ。



マイネルミラノ

美浦 南W 良  水曜日  単 馬なり

5F70.3 4F55.3 3F40.7 1F13.0

チャレンジカップ6着。この馬はもう単騎で逃げられれば面白いと言う事だけだね。枠関係を見て行けそうなら買ってみると良いんじゃないかな。今回ダイワキャグニーとの兼ね合いが差し当たり心配か。

追い切りは毎回似たような感じで、誰もいない時間にサッと追って切り上げる形式。こういう馬には合っている調整方法だと思うし、一応タイムも前走より出ている。まず良さそうだね。



レアリスタ

※追い切り映像は無し。

キャピタルS3着。GⅢ級のメンバーが揃った中で善戦した。直線でj方位2頭に引き離されて脚も目一杯だった事を考えると評価はこのレースでは真ん中くらいかな。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)