アクセスランキング 【京都金杯2018】最終追い切り所見  1/3 クルーガー等 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【京都金杯2018】最終追い切り所見  1/3 クルーガー等 元馬術選手のコラム【競馬】

アメリカズカップ、ウインガニオン、カラクレナイ、キョウヘイ、クルーガー

京都金杯2018最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ




アメリカズカップ

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 強め

4F52.2 3F38.1   2F25.3 1F12.9

マイルCS16着。馬群に怯む所があるんで、なるべく外とか単騎とかストレスのない運びができれば。マイルCSも直線バテてはいないんだけど、馬が周囲を警戒してしまって、全然本気で走れていなかった。

能力さえ発揮できれば面白いかも知れない感じはするんだよな。

追い切りは掛かって時計が速くなったものなので、時計を額面通りに受け取らない方が良い。いつも通り他馬を避けて走っていたし、乗り難しいのは相変わらずと言う感じだね。

ウインガニオン

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 強め

4F52.1 3F37.8   2F24.8 1F12.4

マイルCS17着。先手押切りのこの馬の競馬をしていたから、実力は出し切った感じはあるね。もっとスローにならないとダメっぽいな。

追い切りは馬場の良い時間にやっているので、時計に関しては割引評価が必要。他厩舎の馬群を抜けてからはフワッとする所が出てしまい、調整としてはやや不満足な形になったかも。

気合乗りが十分かどうか、少しだけ疑問だね。動き自体は悪くないと思う。




カラクレナイ

栗東 CW 良  水曜日  単 馬なり

6F82.1 5F65.5 4F50.7 3F37.5 1F12.6

スワンS16着。NHKマイルC以降、大敗が続く。重馬場だったスワンSは中団待機から直線お大外の競馬だったけど、途中までは本気で走れていて悪くない印象は持った。終い200mくらいからバテて一気に止まっていた事を考えると良馬場なら相対的にもっとやれたのかな?とは思う。追われた時のフットワークは力強かったし、まだまだやれると思うけどな。

追い切りは誰もいない時間に単走。馬場にいたカラスにちょっと驚いていたようだけど、問題無いの範囲内。直線は少ししか追われていなかったけど、それにしてもハミを取る所が少ない。1600mだし、もっと行く気配が出ていないと難しいかもしれないな。

どうも一頃の状態に無いような。

キョウヘイ

栗東 坂路 良 水曜日 単 強め

4F53.2 3F38.8   2F25.2 1F12.7

リゲルS4着。ここ2戦直線である程度ゴチャつく所に入ってしまい、脚を存分に発揮出来ていない。タメて乗れば重賞でも喰い込めると思う。上手く直線進路を確保できれば。

追い切りは体が内側に流れてしまい、ムチで牽制されるなどまともに追える所が少なかった。原因は分からないけど、追われるタイミングでモタれるところが出ていたからワザとやっていた可能性も否定出来ない。速度を上げる所でモタれると手綱を抑えて貰えるのを学習していると、こういう悪癖が出る場合があるから・・・。

レースでは惜しいところが続いている様に思えるけど、追い切りでの馬っぷりは去年の春よりかなり悪くなっているね。




クルーガー

栗東 坂路 良 水曜日 単 終い一杯

4F53.3 3F38.9   2F24.9 1F11.7

マイルCS7着。やや後方から大外を回しての7着だし、評価は出来るよね。富士Sも直線一気でエアスピネルとイスラボニータの3着だし、かなり見所はあるよ。最後は鋭く伸びて着順を上げて来たけど、どうもエンジンが掛かったのは200mすぎてからと言う感じ。直線入ってから一気にギアが入っていればもう少しやれたかな?と言う感じはあるね。まぁ、過去走見ても特に右回りがどうこうと言うワケでもなさそうなんで、気にしない事にする。

追い切りは200mまでは楽なフットワークで申し分ない時計を出しており、この時点で既に好感。ここから200m過ぎ・100m過ぎとポイント毎に扶助を強化していくと、それに応えて気勢が一気に入って11.7秒を計時できたのも素晴らしい。

1600m戦としては理想的な状態だと思う。このメンバー相手なら十分勝ち負け出来る動きだと思う。


同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)