アクセスランキング 【京都金杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【京都金杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

京都金杯2018のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




ブラックムーン 1着

よく出遅れる馬なんだけど今日は普通に出た。ダッシュもそんなにつかない馬だから普通に出て、ある程度自然に下げられた分、いつもより序盤での消耗が少なかったのかな。

600m通過が34.2秒と、前で逃げていた三頭が揃って大敗する競馬になった事を考えるとペースもこの馬に上手くハマってくれた。

ペースも含めて、追い込み馬としては理想的な道中を作れたと思うよ。

4角でもレッドアンシェルやクルーガーと言った、狙いたい相手を上手くマーク出来たし武騎手のエスコートも見事だった。

直線はレッドアンシェルが先にスパートさせて、それを確認した上で後からステッキを入れて制すると言う、余裕の競馬。シンガリから来た分で、後ろに誰もいないのは分かっているから、ここで武騎手も勝ちを確信したんじゃないかな。

もう、追い込みのお手本みたいな競馬だったね。タメが確り利いていれば大して強い扶助を使わなくても馬は伸びる。格好良かったよ。




クルーガー 2着

中団につけて、1番人気のレッドアンシェルを見ながら極めてリスクの低い位置で上手く運んでいた。直線で馬群を捌くのに多少時間を要した事を除けば、ほぼ完璧な競馬が出来ていたと思う。

勝ち馬にあの競馬をされたら堪らないと言う事じゃないかな。

次は中山記念あたりに出てきそうだけど、この馬ならGⅡでも見せ場は十分あると思うよ。

引き続き期待。



レッドアンエシェル 3着

流れの速い展開で恵まれなかったし、1番人気と言う事で1・2着馬からキッチリマークされてしまったのも苦しかった。

4角での動き出しが(ペースと見比べた時に)どうみても速いけど、元々鋭い脚を使えるタイプではないので、勝ちに行くには早めに動いて粘り込みを図るしかない。もっとピュンッと動ければ、後続を引き付けてから一気に追うという競馬も出来るんだろうけど、今のこの馬でそれをやると多分、逆に置かれる事になってしまうハズ。

スローでロングスパートを決められる流れになれば、また違うはず。

競馬のやり方に注文がつく馬だけど、ハイペースの早仕掛けであれだけ粘れるんなら実力はある。

ローカル重賞なら何かと手合いが向くはず。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)