アクセスランキング 【中山金杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【中山金杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

中山金杯2018のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




セダブリランテス 1着

スローの前目につけて絶好の競馬が出来た感じだね。

1000m付近から追っ付けていたけど、この馬は反応がとにかくズブいんでこちらとしては想定の範囲内。アルゼンチン共和国杯やラジオNIKKEI賞と変わらないレース振りだったからね。

正直、内にウインブライトがいて早めに動いてしまうと、後ろからピッタリ来られて直線で競り込まれるんじゃないかと思っていたけど、ウインブライトが内を選択。ただ、これがウインブライトにハマる形になってしまい絶好の運びでウインブライトが直線に入って来れた。

中々キレ味のでない馬だからこれでウインブライトを抜けるかな?と思ったけど、戸崎騎手が150m付近までムチの使用をセーブしてタメを作る余裕を持てた事で終いで一気に追って、勝利。

以前の状態だと150mからムチを使われてもそんなに俊敏に反応は出来なかっただろうし、馬が良くなってきているのかも。

こんな感じで何かとおっとりしている馬だから距離はもっと伸びた方が良いと思うな。




ウインブライト 2着

内枠から上手くスタートしてセダブリランテスをマーク出来た。一番良い運びをしていたと思うな。ペースもスローだったし何かと上手く行った印象は強いよ。

折り合いはつく馬だから、位置さえ良い所なら終いは自分の力を出せるからね。

3~4角も早めに動いたセダブリランテスの後ろにラインを切り替えず、インを狙ってトーセンマタコイヤの内から上手く抜けれ来られた。

ロスの無い絶好の運びだっただけに、セダブリランテスに最後交わされたのは実力負け、完敗といった所だろう。

まずまずやれる馬だけど、重賞を勝つには福島記念や今回の様に展開の助けが必要だと思った。




同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)