アクセスランキング 【フェアリーステークス2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【フェアリーステークス2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

フェアリーS2018のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




プリモシーン 1着

外枠が不利なこのコースで序盤から上手く内に入れて、折り合いもまずまずと言った所。

途中でちょっとワァッとなる所はあったけど、15番フィルハーモニーにマクられてのものだし、特段折り合いに心配があるとは思わなかったな。

4角では一頭だけ手応えが違ったし、このメンバーでは力量が一枚上だったと言う事だと思う。直線もまともにムチを使う事なく伸びて勝っているし、着差以上の勝利だったと思うよ。

最後はちょっと内に入り込む気配を見せたかな?ただ、2着馬に擦り寄られたのを嫌がった感じもあるのであまり気にする程度でもないと思うけど、ここは今後も気にしていきたいね。

例年、出世馬の少ないフェアリーSだけど、今年の1、2着馬は今後も重賞戦線でやっていけそう。クラシックに向けて楽しみがちょっと増えたね。




スカーレットカラー 2着

今日はスタートダッシュがつかず、位置取りが若干後手になってしまった。いつもは普通に出るだけに意外ではあったね。

重複登録していたシンザン記念の追い切り所見に過去走部分だけ記述しているけど、この馬はアルテミスSで勝ちに行く早仕掛けをして5着に粘ったり、白菊賞でリリーノーブルに追いすがって2着するなど頑張っており、走りに光るものがある。

今日だってコーナリング時点でムチを使う+3角から大外ブン回しのビハインドを背負って、強い競馬をした勝ち馬に追いすがっているんだから、内容は十分評価に値する内容。

4角で下手に外に出さずに手応えの良かった勝ち馬の後ろをスーッと通って直線勝負していれば大分内容が違っていた様に思うんだけど、どうだろう。そんなにズブい馬ではないし、もっと乗り方はあった気がしてしまうんだよな・・・。

ノースヒルズの馬だし、もっと信頼出来る騎手は確保出来るハズ。これを機に新しい鞍上を迎えて次戦に臨んで欲しいとは思った。この馬は今後も走ってくると思うからね。

レベルの違う競馬をした勝ち馬相手にあれだけ荒削りなレースをして2着まで食い込めるんだから、能力は引き続き十分評価。

この馬はクラシックの舞台に来て欲しいな。能力的に勝算は不十分でも観衆を盛り上げられるだけの走りは出来るハズ。

楽しみ。




テトラドラクマ 6着

中山1600mで外枠から前に出して脚を使ってしまった。これだと好位を取れても序盤の消耗が終いで響いてしまうから、中々伸びきれない。途中、藤田菜七子騎手の乗り馬と(反則性のない)接触をしてしまい、折り合いを悪くしたのもまずまず痛かったかな。

序盤から積極的に行ったけど、流れに乗れなかった感じだね。勿論、一か八かで積極的に騎乗するのは全然大歓迎だし、それが石橋騎手の良い所。

今日は外枠と言うファクターにやられた感があるけど、あれだけ序盤で脚を使って6着ならそんなに悪くないと思って良いハズ。

巻き返しはあると思うよ。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)