アクセスランキング 【シンザン記念2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

【シンザン記念2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

シンザン記念2018のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




アーモンドアイ 1着

ゲート内で頭をガックン下げてしまい、まさかの大出遅れ。追い切り所見で、スタートが若干遅いとは指摘したけど、ここまでやらかす馬だとは思っていなかった。どっかカユかったのかな。素振り的にはその可能性はあるかも。

そうは言ってもゲート内で怯えて駐立が乱れる所は見られないので、今後ある程度の水準までには改善してくると思うんだよな。

位置取りをリカバリするために追っつけて上げて行き、当然ここで脚を使ってしまっているんだけどこの程度の消耗はハンデにもならなかったと言う事だろう。

道中追走している時にフットワークが他馬よりもゆったりしていて、「あ、これは楽に追走してるな」とはリアルタイムで見てて思った。

直線入ってちょっと追われただけで一気に反応して脚勢が上がったからね。相当余力を余していたと思うよ。それと追い切りでも指摘したけど、馬が前に進む事に対して前向きな気持ちを持てている。これまでの走りを見る限り折り合いが若干どうかと言う所はあるけど、非常に水準の高いレベルの競馬ができているよ。

お腹の下まで確りと後肢が入っているし、スピードの出せる走り方が既に出来ているのも好感度◎。

これはラッキーライラックも脅かせる存在だよね。とても楽しみ。




ファストアプローチ 4着

この馬もアーモンドアイほどでは無いけど結構な出遅れ。あんまり出遅れる馬と言う印象は無いので、今回だけと思って良い気がする。

元々、ハミの取り込みが浅い馬で前進気勢に弱さが見られる馬。なので、直線イン突きしても渋った馬場を突破出来るような脚力を発揮しにくい。実際、直線半ばで脚元がかなりフワついてバラけていたし、馬場に気を取られた感じはしたけどね。

もっと距離を伸ばして他馬との消耗戦に持ち込むようなレースの方が合うと思う。

地力はそれなりにあると思うし、延長で再度。




カフジバンガード 5着

この馬は馬群に入れようとすると頭を上げて拒絶反応を起こすね。なるべく外の方を通ってストレスを掛けないような運びで競馬をしないと能力を発揮出来ないと思うよ。勿論レース中は他馬のとの兼ね合いが出まくるから、そう簡単に自分のレースには出来ないだろうけど。

直線も二頭の間を割る所で、一際頭を上げて躊躇する素振りを強く見せていた。ここでグンっと来て欲しいのに、これでは決め手で頼りない。

内に潜らず、逃げたり外で競馬をすれば前進してくると思う。もう少し様子見したい馬だね。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




コメント

  1. 匿名 より:

    アーモンドアイ強かった。アラシさんのおかげで単勝当たりました!ありがとうございました。

    脚力も心肺機能もレベルが高そうですね。

  2. 匿名 より:

    いつも応援してます!
    今回のファストアプローチもそうですけど、人気馬をバッサリ切って実際に飛ぶことが多い気がします。
    アラシさんのネガティブチェックは、きさらぎ賞のロワアブソリュー以来本当に信頼しています。
    これからも頑張ってくださいm(__)m

  3. 節穴 より:

    ツヅミモンは距離延長で更に良さが出そうですが、ダートも見てみたいと思いますね。
    血統はあまり気にしないのですが、狙ったのかニジンスキーの奇跡の血量、ノーザンダンサーのクロスも持っています。ダビスタだと結構強いのが生まれそうですが。(笑)
    馬券はアーモンドアイとの馬連を厚めで、カシアスは3連複しか持ってなかったので助かりました。

    • arashi2400 より:

      ニジンスキーの3×4ってのも今の時代としては珍しいですな。
      確かにタビスタでは能力アップ確実ですわな!