アクセスランキング 【アメリカジョッキークラブカップ2018】最終追い切り所見  3/3 ミッキースワロー等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【アメリカジョッキークラブカップ2018】最終追い切り所見  3/3 ミッキースワロー等 元馬術選手のコラム【競馬】

マイネルディーン、マイネルミラノ、ミッキースワロー、レジェンドセラー

AJCC2018最終追い切りについて所見を述べていきます。3/3 byアラシ




マイネルディーン

美浦 南W 良  水曜日  単 馬なり

4F54.8 3F40.5 1F13.0

ディセンバーS8着。3年以上勝ちがない。道中それなりに運んでも終いでサッパリだし、まず無いかな。

追い切りは馬なりでスムーズなフットワークを使って、この馬なりに伸びている。順調そうに見えるよ。




マイネルミラノ

美浦 南W 良  水曜日  単 馬なり

5F72.4 4F56.2 3F41.4 1F13.2

中山金杯11着。とにかく単騎で逃げて逃げて、自分のペースで行けるかどうか。前走はハナに行けず、道中ポジションを上げて脚を使ってと自分のカタには全くハメられなかった。ハマれば上位に残るかもしれないけど、そうそう上手く行くかどうか。

追い切りは毎回似たような感じで、誰もいない時間にサッと追って切り上げる形式。こういう馬には合っている調整方法だと思う。

動きそのものは毎回スムーズで伸びているんだよな。能力はある。後は展開がどうなるか。少頭数なら気分良く行ける可能性も高まるだろうし、一派も?




ミッキースワロー

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

5F67.4 4F52.7 3F38.7 1F12.6

菊花賞6着。セントライト記念の追い切り、菊花賞の序盤などで指摘したけど、他馬に怯む部分があるのでそこは注意が必要。12頭立てはそういう意味では合っていると思う。

菊花賞は早めに動いて前を捉えに行くも、終い200mで力尽きて失速。自分の競馬を捨てて、勝ちに行く競馬をしてのものだし内容はむしろ良い方。ここも期待だね。

追い切りは楽しみにしていたんだけど、以前よりかなりヘッドが高くなってしまっているし、前脚もフワついている。一体どうした!?

全然挙動が定まっていないし、ムチも嫌ってより頭を上げてしまった。併せない追い切りでこういう風になってしまうんだから馬群は余計心配だよ。

かなり悪く見えた。これはどうか。

レジェンドセラー

美浦 南W 良  水曜日  併せ 一杯

6F81.5 5F66.4 4F516 3F37.7 1F12.5

オリオンS1着。折り合いはつくし、脚も良く動くんだけどハミの取り込みがとにかく浅い。伸び代的な部分は結構あると思うんだよな。

追い切りは馬場がかなり荒れていたのでそれを避けるためか、保全されたインを回って時計がかなり速くなった。追い切りでもやはり四肢は動くけどハミの取り込みがイマイチなんだよな。目一杯ビッシリ追ったし、これで前進気勢が養えていれば面白いかもしれないね。