アクセスランキング 【シルクロードステークス2018】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【シルクロードステークス2018】最終追い切り所見  2/3 元馬術選手のコラム【競馬】

セカンドテーブル、ダイアナヘイロー、タマモブリリアン、ナックビーナス、ニシケンモノノフ、ナリタスターワン

シルクロードS2018最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ




セカンドテーブル

栗東 坂路 やや重 水曜日 併せ 馬なり

4F54.3 3F39.0   2F25.5 1F12.5

CBC賞2着。逃げありきの馬でスンナリ前に行ければ何とか形になりそう。逆に包まれたりすればそれまでと言う雰囲気だね。

ただ、追い切りを見る限り精神面では前進があるようで何とか併走が出来ていたのは意外な感触。まだまだ僚馬を厭がってはいるけど、四肢と頸の連動は取れているしこの馬なりに順調だと思った。




ダイアナヘイロー

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり

4F52.3 3F37.8   2F25.1 1F12.8

スプリンターズS15着。スタートが非常に速い馬でキレイに先手を取って消耗なく運べる可能性が高い。スプリンターズSもそういうレース運びだったけど、さすがにあのメンバーでは荷が重かった。

ここなら上位の目も十分あると思うよ。

追い切りはアブミを長くしてフンワリ追った感じ。直前追いでこれだけ負荷を減らせるのなら陣営も焦りはないと考えて良さそう。小ざっぱりした馬体の馬だし、休み明けでも行けるでしょ。

タマモブリリアン

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり

4F57.1 3F39.7   2F24.9 1F12.4

カーバンクルS5着。最内通って直線も十分スペースがあったのに脚勢ボテボテでは見込めないな。

追い切りもフワついたりフラついたり、躓いたり追われて伸びなかったりと良いと思える点が一つもない。これは切り。




ナックビーナス

美浦 南W やや重  水曜日   併せ 強め

5F68.5 4F53.1 3F38.4 1F12.2

カーバンクルS1着。中団での競馬が多かったけど最近は前で競馬を組み立てて結果がついてきている。まぁ、ノリさんに手代わりしているというのも理由の一つなんだろうけど。ここ2戦はノリさんが上手くスローに落としているから展開がハマっている感あり。ちょっと実力以上に走っている気がするよ。

追い切りは内を回った分でタイムを稼いでいる点に留意は必要だけど、直線入ってからかなり行こうとハミを取っていて、抑えが利かなくなりそうな位だった。マイル以上のレースならこれだと不安になるけど、短距離ならこれぐらい気勢が高い方がむしろ良い方に出る場合も。

追ってからもストライドを目一杯に広げて伸びていたし、これは良く見えるね。

ナリタスターワン

※水曜日時点で追い切り映像は無し。

淀短距離S6着。3走前の北九州記念は人気薄でも普通に外回って2着に来ていて強いと思ったんだけどね。ここ2戦、上手く中団待機できていてそれでも終い伸びないんだからこれが実力なのかな。

ニシケンモノノフ

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 一杯

4F50.9 3F37.4   2F25.2 1F13.2

JBCスプリント1着。末脚の利きにくい地方の馬場で後方からコパノリッキーをせり負かしたのは十分評価。久しぶりの芝がどうかだけど、馬は元々芝(草原)の上を走る動物なのであまり気にしない。

追い切りは50.9秒とメイチで飛ばして終いはバっと止まってしまった。ムチにも反応しなくなっていたし、アガっていた感じだね。

ただ、全体50.9秒なら大概の馬はそうなるしG3でこの動きなら普通に及第点。仕上がりに問題はないと思うよ。