アクセスランキング 【根岸ステークス2018】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

【根岸ステークス2018】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

アキトクレッセント、イーデンホール、カフジテイク、キングズガード、サイタスリーレッド

根岸S2018最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ




アキトクレッセント

栗東 CW やや重  水曜日   併せ 馬なり

6F82.9 5F67.2 4F52.8 3F39.0 1F13.1

ギャラクシーS1着。前走は出負け気味だったけど基本的にはスムーズにスタートする馬で好位での競馬は出きる。追ってそこまで伸びないからほどほどの着順までと言う感じはするな。

追い切りは少しハミにモタれて気だるそうにはしているけど、その分か体は柔らかくなっていて、ほどほどの出来と言った感じ。




イーデンホール

※水曜日時点で追い切り映像は無し

すばるS5着。出遅れがちなので後ろになると思って検討。終いはそこそこと言った程度なので重賞でいきなり上位に絡むとも思いづらいな。

カフジテイク

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 強め

4F53.8 3F38.8   2F25.0 1F12.6

チャンピオンズカップ7着。出負けしてズブい反応で道中を進み、勝負所もスピードに乗るのにかなり時間がかかるため追いながらの大外回し以外に手が無い。脚力自体は本物なのでエンジンが早めに掛かればチャンスはある。ただ、こういう馬は乗り難しいよ。

追い切りは舌を出して真剣にやらない所がアリアリと出ているけど、この馬でそんな事を気にしても仕方がない。大目標がフェブラリーSなのがあるワケでその分で単走追い切りか。(当然だけど)気勢はチャンピオンカップ時には及ばないね。そもそもこういうズブい馬は一回使ってからだから・・・。

脚が凄い以外は競馬がド下手の一言の馬なので、今回の仕上げでどこまで来れるか。戦法は余計な事は考えずに大外ブン回しの直線一気で。




キングズガード

美浦   坂路 重 水曜日 単 馬なり

4F55.3 3F40.5   2F26.5 1F12.7

チャンピオンズカップ8着。以前、左回りでよくモタれていたけど今は克服して普通に走っている。左回りに心配はない。前走は最内をついて良く頑張っているけど、もっと伸びて良いのでは?と思う馬でもある。ラチ際じゃなくて慣れた大外一気の形を取れば違うかもしれないな。

追い切りは時計を抑えたけど、ゆったりしたフットワークで時計なりに動けていてそこまでは好感。追われてからハミを取らず内に流れて行った所を見てしまうと総合的に見てネガティヴ視かな。

サイタスリーレッド

栗東 坂路 やや重 水曜日 併せ 一杯

4F51.3 3F37.9   2F25.4 1F13.2

兵庫GT3着。カペラSでは好位を取りにいったけど4角一杯。中央の重賞だとこんなモンだと思うけどな。

追い切りは併せてムチを使われながら目一杯。終い止るのは時計が時計だし仕方がないけど、それにしてもほぼ100%に近い追いが入って、ムチも当ててはいないけど本気で振られて牽制されてと、あまりにも止まりすぎ。シルクロードSのニシケンモノノフが同じようなスタイルで追われたけど、ニシケンに比べてこの馬は余裕が残らなすぎだね。