アクセスランキング 【東京新聞杯2018】最終追い切り所見  1/3 クルーガー、アドマイヤリード等 元馬術選手のコラム【競馬】

【東京新聞杯2018】最終追い切り所見  1/3 クルーガー、アドマイヤリード等 元馬術選手のコラム【競馬】

アドマイヤリード、カデナ、ガリバルディ、クルーガー、グレーターロンドン、サトノアレス

東京新聞杯2018最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 byアラシ




アドマイヤリード

栗東 坂路 良い 水曜日 併せ 強め

4F52.5 3F38.4   2F25.2 1F12.6

府中牝馬S3着。後方に下げたがスローペースになってしまい展開にハネられる競馬に。直線、かなり厳しい位置から3着まで食い込んでおりかなり評価葉できる。

小柄な馬で緒戦から動けるハズなんだけど、追い切りでは時計こそ出ているけど二度肩ムチを使われる等、鞍上から見て動きに不満な点がありそうなのがどうか。自分から動けるタイプなだけにこういうのを見せれられるとちょっと不安になる。

能力のある馬なので評価は下げきれないけど、満点期待と言う動きではなかったな。



カデナ

栗東 坂路 良 水曜日 単 強め

4F53.4 3F37.8   2F24.9 1F12.7

中山金杯10着。最外枠故に後方待機~大外ブン回しになったのが痛かった。もっとまともなコース取りができればこれより上位もあったと思うし、前進してくるかも。

追い切りは馬場が結構荒れた時間にやっていたので時計が掛かってしまったのは致し方ない部部分があるけど、それでもムチを使って終い12.7秒、終始急いた脚勢でこの時計では不満は残る。

何度か躓いているけど、追い切りでは毎回そうなので気にしない。

ガリバルディ

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F57.2 3F40.5   2F25.8 1F12.5

マイルCS11着。この馬なりに最後まで止まろうとせずに走ったのは評価出来る。全力は出していた感じだし上位馬とは決め手、能力の差が出ていたと思う。それだけにG3のここは上位入線の目は捨てきれないんじゃないかな。

追い切りはゆったりした時計で終いはムチを入れて気合をつけようとしたけど、馬が乗って来ずバラけたフットワークで調教終了。良くは見えないな。



クルーガー

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F53.0 3F38.7   2F25.0 1F12.2

京都金杯2着。前が微妙に開かない中、最後は一気に追って完璧な競馬をしたブラックムーンの2着まで食い込んだ。末脚・能力はGⅡ勝てるレベルだと思うし、G1でも十分面白い存在だと思う。ここも当然、注目。

追い切りは毎回走る(よく見える)馬で、今回も非常に良い動き。鞍上に促されず自分から200mで歩度を上げて加速して12.2秒を叩きだしている。意欲、前進気勢とも申し分なく、ここも順調そうだね。

実力は抜けていると思うんだけどな。強い馬だよ。

グレーターロンドン

美浦 南W 良  水曜日   併せ 馬なり

4F50.9 3F36.3 1F12.4

ディセンバーS3着。出遅れが毎回の馬なので、後方からの直線一気でどこまでやれるか。並のG3ならともかく今回はメンバーも揃っているから一筋縄では行かないと思うよ。末脚はホンモノだけど出負け分を取り戻せないと、前走同様、追って届かずの敗北になる。

追い切りは内を回ったので全体時計は速くなったけど、終いちょっと追われるだけでスッと伸びて馬なりで12.4秒を繰り出している。脚はやはり相当な水準だと思わせてくれる。

五分近くで出てくれれば勝ち負けはあると思う。スタートがどうなるかで大きく違うと思うよ。

サトノアレス

美浦 南W 良  水曜日   併せ 馬なり

5F65.6  4F50.8 3F38.0 1F12.8

キャピタルS2着。経済コースを通って、直線も上手く捌けたからね。能力はそこそこある馬だからあれだけ上手く競馬が出来れば当然走る。ただ、決め手は重賞では毎回いまひとつだし、完璧に近い運びあの程度の脚ではこのメンバーでは見劣りする所がある。

追い切りはやや掛かる気配が出てはいたけど、外めを通って馬なり65.6秒と良い時計を出しているし追われてからの反応も良い。追い切りの動きで見直したよ。これは検討の余地がありそうだな。