アクセスランキング 【きさらぎ賞2018】最終追い切り所見  1/3 カツジ等 元馬術選手のコラム【競馬】

【きさらぎ賞2018】最終追い切り所見  1/3 カツジ等 元馬術選手のコラム【競馬】

エポカドーロ、オーデットエール、カクリョウ、カツジ、グローリーヴェイズ

きさらぎ賞2018の追い切りについて所見を述べていきます。1/3



エポカドーロ

※水曜日時点で追い切り映像は無し。

未勝利戦1着。4角~直線で何頭も脱落馬が出る、出走馬レベルに疑問符がつくレースを逃げ切った。手応えは残して勝ったとは家、1:36.1秒の時計で重賞に来るとどうかな。

オーデットエール

栗東 CW 良  水曜日   併せ 強め

6F84.8 5F68.0 4F52.5 3F38.5 1F12.1

黄菊賞5着。毎回まともに運んでいて競馬は普通に出来るんだけど、終いで伸びない。能力(体力・心肺機能的な)分もあるだろうけど、そもそも脚が遅いように見える。ちょっと信頼しづらいな。

追い切りは3頭併せで終い一杯。けっこう強く追ったけど12.1秒なら時計の出やすい馬場状態だった事を考えても十分及第点だと思う。

優等生タイプというか、レースの道中や調教では良く見えるタイプなのかもな。



カツジ

栗東 CW 良  水曜日   単 馬なり

6F85.3 5F67.9 4F52.6  3F38.5 1F11.8

デイリー杯2歳Sをジャンダルムの2着。最後に外にフクれて追えなくなってしまったので格好悪い負け方をしてはいたけど、競った着差だったし能力は十分ここで通用すると思う。前走は2走目だったし、3戦目で人生経験も積んだここならキチンと最後までまともに走ってくれると思う。

ゆったりしたフットワークの完全な馬なりでこの時計は、馬場状態を考えても凄いな。追われてウィークポイントが出る馬なので馬なりの追い切りだけでは決め付けられないけど、調教階としては申し分ない動きだったと思うよ。




グローリーヴェイズ

美浦 南W 良  水曜日   併せ 馬なり

5F69.2  4F53.9 3F39.4 1F12.9

こうやまき賞2着。前走は盛大出遅れたけど、新馬は速めに出ているのでスタートの信頼度は不明。ゲート内での駐立だけはまともだけど、物見が激しくてワンテンポ遅れそうという感じはする。

馬群に入れると頭を上げてフワついてしまうので、新馬戦の時のように逃げた方がよいだろう。

追い切りでも挙動不審さが目立って集中できていない上に、やはり追ってからがかなり遅く、簡単に僚馬に先に行かれてしまう。これは厳しいかな。







コメント

  1. かとりん より:

    カツジ無いです泣