アクセスランキング 【きさらぎ賞2018】最終追い切り所見  2/3 ダノンマジェスティ等 元馬術選手のコラム【競馬】

【きさらぎ賞2018】最終追い切り所見  2/3 ダノンマジェスティ等 元馬術選手のコラム【競馬】

サトノフェイバー、スラッシュメタル、スーサンドン、ダノンマジェスティ、トーセンスーリヤ

きさらぎ賞2018最終追い切りについて所見を述べていきます。2/3 byアラシ




サトノフェイバー

※水曜日時点で追い切り映像は無し

新馬戦1着。ダッシュ良く出て古川騎手がスローに落とし、ムチを使う事なく3馬身離しての勝利。能力の底が分からないけど、良い意味で未知数な馬だと思う。

前走の様に好ダッシュを決めて好位を取れれば恐らくチャンスはあると思う。追ってどうか、叩いてどうか、競ってどうかが分からないけど、あれだけ速く出てスローの逃げに落として掛からないあたり、競馬は上手そう。

スラッシュメタル

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F59.4 3F41.9   2F26.2 1F12.4

京成杯8着。出して行くとかなり掛かる馬だと思う。序盤そーっと出て直線勝負しかない。若駒で教えるのが必要な内は尚更そういう競馬をしてくるんじゃないかな。

直線、スイッチが入っていない馬だね。能力はもっとやれるけど馬がレースをしていない。

追い切りは軽めで最後の200mだけやった感じ。これだけ負荷が軽いと良くわからないな。前脚が浮いていたのはあまりよくないフォームだと思う。




スーサンドン

※水曜日時点で追い切り映像は無し

千両賞7着。スタートは非常に速く、殆ど優先的に自分のポジションを取れる。ただ、追われてからスイッチの入りが非常に悪く、折角前半上手く運べても他馬に置かれてしまう上に、決め手すら繰り出せていない。

ダノンマジェスティ

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 一杯

4F51.1 3F37.8   2F24.8 1F12.5

新馬戦1着。道中は折り合いもついてリラックスしていて新馬の運びとしては十分及第点だった。直線で大きく外に逃げてしまったのは何ともだけど2戦目で直ってくるでしょ。そういう馬の方が多いもん。

外に逃げた意外にもハミの取り込みが浅かったり、ムチで叩かれまくってるのに脚勢がマジになっていなかったり、それでいて好タイムの楽勝という良い意味で未完成の馬。

追い切りはほぼ一杯にやってきた。気持ちがフワつく馬ならこうやって深めに仕上げれば集中力を高めてあげられるからこれは大賛成。終いちょっと脚勢が陰ってしまったんで、これが無ければもっとよかったんだけどね。

追い切りでは真っすぐ走っている。本番、改善していれば十分勝負になる。




トーセンスーリヤ

美浦 南W 良  水曜日   併せ 強め

4F53.9 3F39.4 1F13.4

若竹賞4着。普通に回って普通に直線ジリっぽく4着なので、それほど強調点はない馬だね。

追い切りはムチを一発入れて、後は軽く追う程度。追われてから反応は直ぐに示していたし、この馬なりに動けているんだろう。