アクセスランキング 【京都記念2018】レース回顧  1/2 クリンチャー、レイデオロ等着順上位馬 元馬術選手のコラム【競馬】

【京都記念2018】レース回顧  1/2 クリンチャー、レイデオロ等着順上位馬 元馬術選手のコラム【競馬】

京都記念2018のレース回顧をしていきます。1/2 Byアラシ




クリンチャー 1着

好位&最内&スローペースという絶好の流れを作る事ができた。押し切り競馬を信条とするこの馬としては文句なしの道中になっただろう。折り合いもいつも通りついているし、本当に消耗なく進められたんじゃないかな。

今の京都は内が荒れていて誰も通りたがらない中で4角内目にいたけど、外側にいたレイデオロも直線で外に向かって進路を取りに行ってくれて、大きく追えるスペースができた。

レイデオロは掛かったり、道中脚を使ったりと良い運びをしていなかったし、レイデオロをマークしたアルアインも相応のロスを被っていたので、ロス無く運べて斤量も軽かったクリンチャーなら、凌ぎきれたと言う事だろう。

今日の勝利で勝負付けが済んだとは思わないけど、能力が高い事を再び証明してみせてくれたのも事実。

天皇賞春がこれは楽しみ。




アルアイン 2着

レイデオロをマークしてコースロスを厭わなかったのが最終的に勝負を分けた。川田騎手もレイデオロさえ差し切れば、という騎乗で勿論合理的な判断で見事だったと思ったけど、経済コースからクリンチャーが抜けて来た。

道中若干ハミを取り込む所があったけど、この馬としてはかなり折り合いがついていた方だと思う。今後に向けてここは結構収穫だと思う。

最後はレイデオロのD.バルジューが使うムチの音に怯んで外に逃避した分で浅くなって(パトロールを確認されたし)しまったけど、それも馬の能力の内だしそもそもまともに追えていてもクリンチャーのあの脚勢では競り負かせなかったかな。普段はこういう所の無い馬なので、この一回限りで気にしても仕方がないと思うけど、念のため次走もこういう所はチェックしておきたいね。

ロス被ってこれだけ走れるのなら、内容は良いと思うけどね。

春天はちょっと距離が長い様にも思うので大阪杯かな。

まず安心できるレースだった。




レイデオロ 3着

終始掛かりっ放しだったのが響いた。それでこのメンバー相手にそこまで差のない3着なのだからやはり相当なレベルの馬だよ。殆どの馬はこれだけ掛かったら終いで失速して掲示板にも乗れないハズ。

ゲート内からして怪しく、1角進入時点で既に掛かっていて、向こう正面でも後半で掛かる所が見られた。どちらも他馬に寄られた時にヒートアップしており、結構馬が怒っていた印象。

追い切り時点で折り合いが悪いのはあったんで輸送では無いと思うんだよなぁ。イライラする所は以前にも僅かに見られたけど、こう顕在化してくるとは思わなかった。

道中、アルアインを交わしていったのはスローペースを読んで上がっていったのもあるだろうけど、バルジュー騎手は手綱を強く抑えていたので「本当は控えていたかったけど、馬が行きたがるからトータルで判断して前に行ってしまうのも仕方が無い」と言う判断だったんだと思う。

あの流れで掛かったまま4角も早めに先頭にたって浅くなり、あっさり敗北。それでも3着に残ったあたり、実力は感じるけどどうなるか。

掛かりクセがついてしまうとこのまま低迷する可能性もある。

立て直しに期待するっきゃない。







コメント

  1. テレグノシス より:

    アラシさん 
    いつも拝見させていただいております^^

    いつしか、気になっていたクイーンズリング号について
    質問させていただいてところ、ご丁寧に分析をしてくださって♪

    今ではアラシさんの調教評価のいい馬と、
    自分の軸馬が被った時は自信を持って買えています^^

    クイーンズリング号もG1ホースになれましたね♪

    さて、いつもブログを読ませていただくばかりなので、
    たまには読者として感謝を伝えさせて頂きたく書き込んでみました。
    (記事に関係ないところで申し訳ないです><)

    これからもブログの更新を楽しみにしてます♪
    お体に気を付けて気長に更新してくださると幸いです。
    長くなりましてすみません。。ではでは。