アクセスランキング 【共同通信杯2018】レース回顧   元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【共同通信杯2018】レース回顧   元馬術選手のコラム【競馬】

共同通信杯2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




オウケンムーン 1着

ロス無く行けたとは言え、普通に回って、普通に伸びて勝っていて強い内容。時計も水準以上だし本番でも存在感を示してくるかも知れないね。

怯みやすい馬みたいで、ムチを強く使えていない所や他馬の寄せにビビッているフシはあるから激しいぶつかり合いになる大レースはちょっとマイナス視した方が良いかも。

現時点で皐月賞で大活躍とまでは思わないけどな。今後どうなるか。




サトノソルタス 2着

この馬も経済コースをロス無く回れた。新馬戦は所々折り合いを欠いたけど今回は僅かに噛む所が出た程度。ムーア騎手も長く手綱を持って楽そうにリードしていた。

勝ち馬との差は位置取りの差といった感じじゃないかな。それかもう少しスムーズに捌ける状況になったか、結果的にオウケンムーンについて行く所で一発ムチを入れた方が良かったのかもしれない。結果的、結果的にね。

ムーア騎手は日本では直線でムチを無闇に使わず、最後まで温存して前が捌けた所で一気に使うからね。このレースも最後、矢の様な末脚を繰り出させていたけどそれも250mまでムチを使わずにタメて来ていたから。

悪い馬とは思わないけど、この馬が皐月賞来てどうこうと言うのはやはりまだ何とも言えないな。




グレイル 7着

この敗北は何ともわからないね。スローペースの後方は勿論逆風だっただろうけど33.9秒の上がりと言うと、出走馬が出した上がりに比べても物足りない。

追ってグンッと来る所が無く頭が沈み切らない分、瞬発力勝負には不向きなのかな。