アクセスランキング 【クイーンカップ2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

【クイーンカップ2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

クイーンカップ2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




テトラドラクマ 1着

持ち前のスタートの良さを活かして上手く立ち回った。

前走(フェアリーS)が中山1600mの大外枠でロスを貰ったり、藤田菜七子騎手に当てられて掛かったりと踏んだり蹴ったりな内容で6着だったから巻き返しはあるとは思っていた。

今回のメンバーとの力関係はともかくとして、メジャーエンブレムと同じようなペースで走っても失速せず粘り切って勝つんだから評価は再度上昇したね。(但し勝ち時計はメジャーエンブレムよりも1.2秒遅い)

フェアリーSの1、2着馬も内容の濃いレースをしていて盛り上げるに十分だと思っているけど、それ以上にテトラドラクマの方が楽しみになりそう。桜花賞でも前には行けるだろうしスローな展開になれば一撃も狙えるかも知れないよ。




フィニフティ 2着

経済コースをロス無く通って、直線もほぼ問題ないタイミングで馬群を捌いて追える体勢になった。勝ち馬がかなり粘っていたから、今回は完敗と言う感じはしたね。

桜花賞では更に強力な馬と戦わなくてはならないから、上位を狙うには更にパワーアップする必要がありそう。

現状では桜花賞好走というイメージまでは沸かないな。




マウレア 5着

直線で狭い所に入ってしまい馬が全力を出せなかった所はあると思う。ただ、4角で抜群の手応えと言う雰囲気は受けなかったから、まともに追えても、あって2~3着が良い所だっただろうね。勝ち馬が本当に良い競馬をしていたから。

JFで強い競馬を見せていたんだから、巻き返して欲しい所ではあるけどどうなるか。