アクセスランキング 【フェブラリーステークス2018】最終追い切り所見 1/4 アウォーディー、ケイティブレイブ等 元馬術選手のコラム【競馬】

【フェブラリーステークス2018】最終追い切り所見 1/4 アウォーディー、ケイティブレイブ等 元馬術選手のコラム【競馬】

アウォーディー、アスカノロマン、インカンテーション、カフジテイク、キングズガード、ケイティブレイブ

フェブラリーS2018の追い切りについて所見を述べていきます。1/4 by アラシ

※月曜日に競馬開催があったので、火曜日が休場、水曜日に馬場入りする馬が少なく、馬場が保全されていて水曜追い馬は皆時計が速くなっている事には注意!




アウォーディー

栗東 CW 良  木曜日   単 強め

6F80.5 5F65.1 4F51.1 3F37.9 1F11.7

川崎記念3着。珍しく出負けしてしまい後ろが不利な交流戦で手痛い競馬になってしまった。それでも最後は肉薄しているから能力はあるよね。

昔から併せて実が入らない馬で、決め手には不安が残る。善戦はするだろうけど決め切るとなると・・・。

追い切りはあまり急かさずに良い時計を出してきた。馬場の外めをきっちり回って良い動きだったよ。追われて頭を前に伸ばしきれていないのがこの馬らしいよ。

能力はあるけど、走る気持ちはそこそこと言った所。接戦に持ちこまれるとやはり苦しくなると思うよ。

アスカノロマン(除外)

※追い切り映像は無し

東海S8着。かなり掛かってしまい終いまで持たない馬だけど、前走に限って言えば久々に問題ない水準で折り合いがついた。直線、バテてトボトボになってしまってはいたけど、自分の力は出していたと思う。



インカンテーション

栗東 CW やや重  水曜日   単 馬なり

6F83.1 5F67.3 4F53.3 3F39.7 1F12.8

東京大賞典7着。先手3番手は取れたけど直線まで体力が持たずズルズル後退。もう少し見せ場を作ってくれるくらいじゃないと、ここでも当然厳しい。

追い切りは馬場が良かったとは言え軽快なステップで回って来ており好感度はまず高い。単走で前に僚馬がいなくても直線入って自分からハミを取っていて、その分追われてからもスムーズ。

出来は良い状態みたいだよ。

カフジテイク (除外)

※追い切り映像は無し

根岸S3着。出遅→ズブ目の反応から直線勝負と言う戦術しかない。前走は前が崩れた分で直線だけの競馬で3着までは来れたけど、本番でかち合うであろう上位2頭には2馬身以上の完敗と言う結果に。

キングズガード

栗東 CW やや重  水曜日   併せ 強め

6F85.1 5F69.6 4F54.1 3F40.0 1F12.1

根岸S6着。脚は持っているからね。ハマれば上位も十分狙えると思う。前走は最内を突いた分伸び切れなかったかもな。大外から広いところで一気に追えていればもう一伸びが違ったんじゃないかな。

追い切りは終いだけちょっと追いを入れる程度。少し追われただけで僚馬をアッサリ制しており、仕上がっている感じは十分に受ける。

臨戦態勢にはあると思うよ。



ケイティブレイブ

栗東 坂路 良 水曜日 単 一杯

4F51.6 3F37.4  2F24.5 1F12.5

川崎記念1着。好スタートからそのまま逃げ切った。前で粘れる馬ではあるけど後続からの突き上げも予想される中央ダートG1だけに一筋縄ではいかないだろう。

ローテが詰まっているだけあって、動き自体は実に機敏。右にハミを掛けられながら追われていてここは「ん?」と思った。少し左側を頼っていく所があるのかも。左回りは少しだけ割り引いても良いかも。