アクセスランキング 【フェブラリーステークス2018】最終追い切り所見 4/4 レッツゴードンキ等 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【フェブラリーステークス2018】最終追い切り所見 4/4 レッツゴードンキ等 元馬術選手のコラム【競馬】

メイショウスミトモ、モルトベーネ、モンドクラッセ、ララベル、レッツゴードンキ、ロンドンタウン

フェブラリーS2018の追い切りについて所見を述べていきます。4/4 by アラシ

※月曜日に競馬開催があったので、火曜日が休場、水曜日に馬場入りする馬が少なく、馬場が保全されていて水曜追い馬は皆時計が速くなっている事には注意!




メイショウスミトモ

栗東 坂路 良 木曜日 単 馬なり

4F54.0 3F39.1  2F25.0 1F12.3

川崎記念7着。勝負所で中央の一流所がこぞって動くとついて行けずに大きく離れた7着。この辺がせきの山だと思うよ。折り合いこそ問題ないけど、脚は決してこのクラスでは速くないし。

追い切りも肩ムチ何度も使われてようやく気が入ってくる様な感じだったので、このメンバーに入るとイマイチ感があるね。

モルトベーネ

※追い切り映像は無し

東海S3着。テイエムジンソクに喰らい付く競馬をするも4角で外に進路を切り替えている間に、前2頭に行かれてしまい差ついた3着。テイエムジンソクには逆立ちしても歯が立たないまでの完敗。ここでは見せ場も作れないと思うな。

モンドクラッセ

美浦 南W 良 水曜日   併せ 強め

5F67.6 4F52.1 3F38.1 1F13.1

根岸S7着。先手は何度も取っている馬で、正直脚はあまり速くないの前走みたいに中団から差す競馬になってしまうと懸命に追っても知れた感じになってしまう。G1級の粘り気もないし、人気所が大きくヘグらないとどう見ても厳しい。

追い切りは全体時計もそこそこ速い中、終いであまり追われずに13.1秒を出してきており、良く見える。併入は狙ってのものだね。僚馬の鞍上が良くリードして上げていたよ。

狙い通りの調教が出来ているし、仕上がりは良さそう。



ララベル

小林 ダート 良 水曜日   併せ 強め

5F66.1 4F50.4 3F37.1 1F11.4

2走前に曰くはかなり付いたけどJBCレディスクラシックを勝っている。一気に好位を取って押し切れるから地方向きと言えば地方向きだけど、結構鋭く動くし中央も対応可能かも?

追い切りはまさかのファーム追い。これでは他馬との比較は難しいな。まぁ、ムチを振られているのに我関せずでケロッとしてストライドを伸ばそうとしていないしそこまで仕上がっている様には見えないな。

レッツゴードンキ

栗東 坂路 良 木曜日 単 馬なり

4F50.9 3F36.3  2F24.0 1F12.4

香港スプリント6着と健闘。出遅れてしまいそれまでと言うレースではあった。直線外差しの利かない馬場だった中でよく6着まで追い込んだよ。好位を取れていれば分からなかった。

基本、まともに出る馬だから出遅れはあまり気にしなくて大丈夫。

直線はガーッと走る馬だしダートは特に気にならないと思う。折り合いも2年前から日を追う毎に向上しておりレースを見る限りでは1600mにも不安はないと感じてはいた。

ただ、追い切りは50.9秒をケロっと出す辺り、短距離の実力者という雰囲気は強く出ている。1600mはやはり守備範囲外になるのかな。

かかる雰囲気は今では全くと言って良いほど見られなくなっているし、距離さえ持てばここも面白いと思う。




ロンドンタウン

栗東 CW やや重  水曜日   併せ 一杯

6F80.5 5F65.0 4F51.0 3F37.8 1F12.1

東京大賞典5着。折り合いが少し心配。まぁ好位からズルズル後退ってのが多いからG1で見込むのはどうかね。

追い切りは馬場の外を通して、かなりの一杯追い。追ってグンッと来ないけど負荷は十分掛けたし、本番頑張るだけ。