アクセスランキング 【京都牝馬ステークス2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【京都牝馬ステークス2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

京都牝馬S2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ミスパンテール 1着

1400mで多少忙しそうにしていたけど、その分折り合いに苦労はしていなかったし距離はベストがここだと思った。

少頭数でストレスが掛かりにくいのも幸いしたかな。

勝負所でエスティタート武豊騎手に上手くフタをされてしまい追い遅れたけど、300mから追い出すと一気の脚を繰り出してまとめて差し切っての1着。

追い遅れてこれだけの競馬ができれば上出来じゃないかな。末脚もG1を試せるだけのものは持っていると思うし、ヴィクトリアマイルでも堂々と戦えそう。

距離延長と多頭数化がどうかだけど、本番に向けて楽しみが広がったよ。




デアレガーロ 2着

池添騎手がロス無く回ってあげてイン突きに賭けたが直線さすがにスンナリ開かず、ハイリスク・ハイリターンをものにしきれなかった。イン突きで前が開くかどうかは運が必要でどんな名手でも詰まる可能性を被るからこれは致し方がない。

それでも直線、勝ち馬よりは速くアクセルを踏めたんだけど、最後の最後が若干狭くなり目一杯には追えなかった。

最後は3頭接戦になったところで手前は左に替えられていたんで、ある程度力はだしたと思うけど、もう少し伸び伸び追えるスペースがあれば、もう一伸び違ったかも知れないね。

この馬が重賞を勝つのはそう遠い日の話でもなさそう。




エスティタート 3着

外枠からインに入れずロスを貰ったのは幾らか響いたとは思うけど、それ以上にどうしてもこの馬は追われてからピリッとして来ないと言うか、決め切れるだけの脚を繰り出せない。

ロスがあったとは言え、仕掛けるタイミングは前との差を考えると殆ど完璧で、ミスパンテールに蓋を喰らわしている所も上手かった。

エンジェルフェイスと併せて優勢に立ち回って、ムダ脚も使わずラストまで行けたけど、追い遅れた上位2頭の強襲を跳ね返せず3着敗退。

殆ど90点以上と言うか良い競馬をしているんだけどな。これで踏ん張り切れないとなると今日は完敗と言う感じだろう。

暫くは現状レベルの相手と戦っていくしかないと言う印象だね。