アクセスランキング 一言知識 #3 蹄をお湯で洗うと・・・!?
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

一言知識 #3 蹄をお湯で洗うと・・・!?

週初めの「一言知識」。毎週読んでいれば少し馬に詳しくなれるかも????

蹄をお湯で洗ってはいけない

運動を終えて馬を馬房に戻す前に、洗い場で馬の四肢を丹念に洗い、鉤で蹄の裏の泥を落としてやる。

こうして脚部のチェックもしつつ清潔な状態を保つ。万が一、裂傷等を負っているのに不潔な状態のままにしておくと、そこから雑菌が入りフレグモーネ(傷口から雑菌が入り痛みを起こす傷病)等の脚の傷病を発症してしまうのだ。

馬の脚を洗う際には、例え真冬であってもお湯を使わずに冷水を使う。蹄の30%~40%は水分で構成されていて、湯を使って蹄に熱を持たせてしまうと、蹄が乾燥してしまい裂蹄の原因になるからだ。

そして洗い終ってタオルで水分を取った後に、蹄油というオイルを塗る。こうして蹄を保湿する。

お湯で蹄を洗って指で叩くと「カンカン」と乾燥した音が出る。何でそんな事を知ってるのかって?そういう過ちの1度くらい、誰にだってあると言う事だ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする