アクセスランキング 【阪急杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【阪急杯2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

阪急杯2018のレース回顧をしていきます。1/2 Byアラシ




ダイアナへイロー 1着

前走はスタート直後に軽く他馬とぶつかって激しく掛かってしまったのが敗因(だと思う)なのでここは評価をそれほど下げていなかった。

スタートが速いのはいつもの事で、外めの枠からでも自分の位置を取れるのは流石。開幕週を味方につけて上手く立ち回れていた。

それでもちょっと掛かりそうな気配は出ていたけど、それで武騎手も先頭に立とうと思ったのかな。いずれにせよコーナーでは息が入っている雰囲気で良い感じで回れていたと思った。

直線、よく凌いだとは思うけど、モズアスコットが道中掛かった上にやや追い遅れ、レッドファルクスが完全な追い遅れでクビ差勝ち、イン完全有利の馬場状態も考慮するとやはり2、3着馬が力量で上を行っているとは感じる内容でもあった。

ともあれ自分の手合いが作れれば良質な競馬ができる馬。展開を自分で作れるのは大きな武器だし、紛れ方次第では本番でもチャンスはあると思う。




モズアスコット 2着

ゲート直後に内にモタれてアポロノシンザンに強めにぶつかってしまい掛かってしまった。外枠で掛かってしまい先手取りという選択肢を潰されたのが痛かった。ルメール騎手もどうしても前に馬を置きたいと言う感じだったし。

3角時点でも掛かっていてしかも内有利な馬場で一番長い距離を走らせられた上に、若干追い遅れたのも痛かった。

それでほぼ完璧に競馬したダイアナヘイローに脚勢で勝っての2着だし、前哨戦としては手応えの大きい内容になったんじゃないかな。

普通に折り合って終いが使えれば。

この馬は本番でも主役を張って来るだろうね。




レッドファルクス 3着

序盤で馬なりに出て行き、位置取りを他馬にくれてやった判断が裏目に出た。開幕週の内枠だし出して行くのも一手だったと思うけど、次を見据えたのか、58㎏の斤量でダッシュが間に合わなかったか。

4角をロス無く回ったけど、その分直線で捌きが遅れて追い出しが遅れてしまった。もうコンマ1秒早く追い出せていればと言う内容で、この馬もモズアスコットに劣らぬ好手応え。

58.0㎏の斤量を考えたらやはり相当走れている。

中京1200mはかなり合っていると思うし、当然楽しみ。







コメント

  1. さかP より:

    まとめサイトで見てきたのですが
    武豊騎手は逃げ馬で4角を回り直線に向く時に内に馬一頭通れそうで通れないスペースを作り後ろをノースペースのドン詰まりにするテクニックをよくやる、とあったのですが本当によくやっていたのでしょうか?尻ブロックよりもフェアで高等なテクニックを意図的にということでビックリしました。

  2. 節穴 より:

    アポロノシンザンがスムーズに前に行けなかったのが展開面で誤算でした。ダイアナヘイローを沈めてくれる存在だと思ってたんですが・・・もう少し早くなっていたら、1,2着モズアスコットorレッドファルクス、3着ペイシャフェリシタorシュウジで的中していたかも(笑)

  3. さかちょ より:

    初コメです。
    展開の話が勉強になります。
    レッドファルクスは本番でも楽しみです。