アクセスランキング 一言知識 #4 騎乗の仕方
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

一言知識 #4 騎乗の仕方

週初めの「一言知識」。毎週読んでいれば少し馬に詳しくなれるかも????

騎乗の仕方

馬にを曳いたり馬に跨ったりする時は、「馬から見て左側に立つ」と国際的に決まっている。

競馬を含め西洋馬術から派生している競技は、軍隊などで多数の人馬が一度に動く事が前提にあり乗り手の任意の方向から乗り降りされると隊列が乱れて困る。

ただ、一番大きい理由として「人間に右利きが多い」事が挙げられる。

自転車やバイクに乗る時、右利きの人間はほぼバイクや自転車から見て左側から跨る。

右利きの人間は「跨る」動作をする時には、対象物の左側から動作を行うものなのだ。

因みに、右側から乗ろうとすると死ぬほど乗り辛くスムーズに出来ない。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. J .Kobayashi より:

    出典公表してはいかがでしょう。このような書き方だとただの素人の私見として見られてしまいますよ。さすがに参考にしづらいです。

    • arashi2400 より:

      出典、、、うーん、資料上で勉強した知識ではないので掲出は出来ないっす。

  2. きの より:

    アラシさん はじめまして。
    ツイッターでアラシさんのブログが役にたってるかご質問されてましたが、超絶参考にしております。
    競馬歴は20年ほどですが、毎回パドックを見るほどでもなく、また調教を自ら確認する事もなく、紙面の数字を確認する程度です。なので調教の良し悪しは記者や予想屋の見解を参考にするしかありません。問題は「誰の見解を信じるか」です。そういう意味でアラシさんのブログはとても参考になります。最も信頼できる、と思っております。
    小生のように参考にされている方々がたくさんいるのではと思います。これからも調教診断及び予想のアップを宜しくお願いします!

  3. けん より:

    久々に乗馬したくなってきました(^^;