アクセスランキング 【中山牝馬ステークス2018】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【中山牝馬ステークス2018】最終追い切り所見  1/3 元馬術選手のコラム【競馬】

エテルナミノル、エンジェルフェイス、オートクレール、カワキタエンカ、キンショーユキヒメ、ゲッカコウ

中山牝馬S2018の最終追い切り所見。1/3 by アラシ




エテルナミノル

栗東 CW 良  水曜日   単 馬なり

6F85.7 5F69.6 4F54.0 3F40.0 1F12.3

愛知杯1着。2・3着馬に最後は追い込まれはしたけど持ち前のスタート力から先手を取ってロス無く回れた分で凌ぎきれた。地力一番とは思わないけど、立ち回りの上手さを武器に上位は十分ある。

追い切りは全体時計が緩かったので映像部分は良く見えてしまうのに注意が必要。後肢が確りお腹の下まで入っていて馬場をグリップするようなフットワークは好感が持てる。

内枠で優位に立ち回れればチャンス有りと見る。




エンジェルフェイス

栗東 芝 やや重  水曜日   併せ 馬なり

5F67.7 4F52.8 3F39.6 1F12.5

京都牝馬S4着。2走前は逃げて後続が牽制しあう流れに乗じての1着だと思ったけど、前走は普通に好位につけて堅実に回って小確り伸びていた。勢いが出てきているのかもしれないな。

追い切りは僚馬の後ろでガッチリ我慢の練習をする抑える調教をしてきた。僚馬に先着する事を意図していないから併せの大幅遅れは気にしなくて良い。

そんなに掛かる所がある馬ではなかったと思ったけど。。。

気難しい所が出てきているのかな。一旦様子見。

オートクレール

美浦 南W 良  水曜日   単 馬なり

5F69.5 4F53.8 3F39.9 1F13.2

洛陽S7着。、毎回そこはかとなく立ち回って直線伸びず。OPでこれだと重賞では見込まない方が良いだろうな。

追い切りも全体時計が緩く余裕を残していた割に直線入ってからの前進気勢の上がり具合がイマイチ。

あまり強そうには見えないな。




カワキタエンカ

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F56.4 3F41.7  2F27.2 1F13.1

洛陽S10着。秋華賞5着と健闘している。逃げの一手しかない馬で序盤スムーズに行けるかどうかがカギ。単騎で行ければそれなりの雰囲気では走っているし1800mそのものは体力的に問題ないはず。この手の馬が気分を悪くすると1400mだろうが1200mだろうが持たないけどね。

追い切りはこの馬らしく折り合いの練習。ちょっとハミとケンカ気味だったけど、まずこの馬としては抑えが利いている方。本番では他馬が競りに来たり寄せに来たりするからピッタリ折り合うかと言えばかなり疑問。

キンショーユキヒメ

※追い切り映像は無し

愛知杯10着。直線で外に出す時に接触が発生して取り乱してしまい追ってからがピリっとしなかった。最後伸びていたし着順よりは評価して良いと思う。

ゲッカコウ

美浦 南W 良  水曜日   単 馬なり

5F69.5 4F54.6 3F40.6 1F13.4

愛知杯12着。これまでの逃先スタイルから大幅に作戦を変えて後方からイン突きで差込みを狙ってきた。インでロス無く回ったとは言え中々の脚勢で追い込んでいたけど、最後の壁が突破できず詰まってしまった。

経済コースを通った分も考えるとそれほど強力な内容でもなかったと思う。

この馬も折り合い重視でまず抑える内容。ハミを取る気配こそそこそこ強かったけどテンションは落ち着いている部類だと思うし、この馬なりに順調そう。