アクセスランキング 【阪神大賞典2018】最終追い切り所見  1/2 アルバート、クリンチャー等 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【阪神大賞典2018】最終追い切り所見  1/2 アルバート、クリンチャー等 元馬術選手のコラム【競馬】

アルバート、カレンミロティック、クリンチャー、コウエイワンマン、サイモントルナーレ、サトノクロニクル

阪神大賞典2018の最終追い切り所見。1/2 by アラシ




アルバート

美浦 南W 良  水曜日   併せ 強め

5F69.4 4F53.0 3F37.9 1F12.5

ステイヤーズS1着。この馬は折り合いが完全に近いレベルでつく上に3000m級のレースでも直線でキレる脚が使える。クリンチャー、レインボーラインとの三つ巴になるだろうけど決め手ではこの馬の方が恐らく上、粘りのクリンチャーと良い対決になりそう。

追い切りは3000mのレースにしては時計が速いし馬がセカついているんだけど、ステイヤーズSの時もこんな気配で確り折り合って勝ったし問題なしと思う。

強い走りをした前走と同じ雰囲気を感じられるのだから心配は要らないと言う事だね。




カレンミロティック

栗東 坂路 良 水曜日 単 一杯

4F51.8 3F38.2  2F25.4 1F12.9

有馬記念15着。さすがにあのメンバーが作るペースでは直線まで脚が持たず4角で一杯一杯と言う事だろう。最近は歳を取ってだいぶ馬がフワついてきてしまっているので長距離は相対的に合うと思う。

追い切りはムチを何度も振られながら目一杯にやってきた。有馬記念の時も目一杯に追っていて、あの時は馬がフワついていたけど今回に関しては馬が出来る限り重心を低伸させていて良化は感じる。

もしかしたら、と思わせてくる内容ではあったよ。




クリンチャー

栗東 坂路 良 水曜日 単 強め

4F52.7 3F38.5  2F25.0 1F12.4

京都記念1着。好位&最内&スローペースという絶好の流れを作る事ができた。押し切り競馬を信条とするこの馬としては文句なしの道中になっただろう。アルバートとの対決が見もの。4角押し切りの粘り気で、アルバートのキレ味を封じられるかどうか。

追い切りは京都記念に比べると見劣りはする。頚の使い方がギコちなくなっているのと、どういうワケか左前脚が前に伸びて来ていないというか・・・。

気にならない、気にしても仕方がない人ならそのまま検討可能、と言うレベルではあるけど、個人的にはちょっと良くない雰囲気に見えた。

コウエイワンマン

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり

4F56.2 3F41.4  2F27.7 1F14.0

尼崎S6着。多分2400mとかのレースだと追走が出来ずのんびり行ってしまうから、ペースの落ち着く3000mなら前進あるとの判断で出てくるんだろうけど、さすがにそれだけが頼みでは上位は無いだろう。

追い切りは多分15-13-14-14とタイムに不自然なバラつきがある。実際ハミとケンカ気味だったしあまり折り合えていなかったのかも。

サイモントルナーレ

※追い切り映像は無し。

ダイヤモンドS14着。最後方で運んで終いも3F40.0秒と極めて遅くレースに参加できていなかった。着差も非常に大きくあまりにも弱すぎる。

サトノクロニクル

栗東 CW 良  水曜日   併せ 強め

4F52.5 3F37.8 1F11.0

有馬記念9着。結構イラついてレースをしている所を良く見るから3000mはどうかな。チャレンジカップ1着も経済コースを通って直線も上手く捌けた所が大きいだろうし、それほど評価はしていないよ。

追い切りは速い時計なのにハミとがっつりケンカしていて、3000mのレースでうまく運べるかは不安が残る。終い1F11.0秒は良くわからない。計測間違いじゃね?







コメント

  1. 節穴 より:

    クリンチャーは1週前に目一杯やった疲れが取れていないのか?疲労で筋肉が固くなってぎこちない走りになっているのかもしれません。土曜の馬場から雨の影響は感じられず、アルバートにキレ負けする可能性は高いと思います。