アクセスランキング 【阪神大賞典2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【阪神大賞典2018】レース回顧  元馬術選手のコラム【競馬】

阪神大賞典2018のレース回顧をしていきます。 Byアラシ




レインボーライン 1着

終始クリンチャーとサトノクロニクルを見られるポジションで能動的に動いて行ける位置関係だった。

やはり少し噛む所が今回も出たけど、折り合いに大きな影響は無い様子だしあまり気にする程でもなさそうだな。

前にいたクリンチャーを意識したのか、長距離レースでは命取りになりかねないかなり大味な仕掛けで早めに動いた上に、4角もかなり外を通ってきた。アルバートに後ろをつけられる等、かなりリスクの有る選択ではあったと思う。

それでも突き抜けて勝つんだから、今回の勝利は手放しで評価して良い内容だと思う。

G1ではいつももう一つ足りない所が出るのがこの馬だけど、長距離の天皇賞ならば。

本番も楽しみ。




サトノクロニクル 2着

これだけ折り合って運べれば、と言う内容で本番に向けて収穫の大きいレースになったと思う。今まで折り合いが悪い時があったりしたんだけど今回はこの長丁場を全般通して落ちついて運べていた。

この馬に対する評価はかなり前進したよ。

4角の回りも手堅かったし、上位馬の中では一番良い競馬をしていたと思う。

直線、伸びかけた所をレインボーライ岩田騎手から斜行を食らわされ、脚が一旦止まる不利。そこから再度追い始めて脚勢を盛り返したのは今後に向けて心強い内容。馬によってはあのままボテボテになっていてもおかしくない程度の不利だったと思う。

今回の走りができれば3200mも大丈夫。正直大して評価していない馬だったけどこの一戦で見直した。




クリンチャー 3着

何故か掛かってしまい、位置取りが前になった&道中消耗したのが敗因なのは誰の目にも明らかな所。パトロールを見る限り他馬への接近を拒絶していた様に見えたけど、どうなってるのか・・・。

消耗が激しく4角でムチが入る等、手応えも怪しかった。

長距離であれだけレースを崩しても3着に残せるんだから、実力は持っている。本番の巻き返しも十分あると思うよ。

アルバート 4着

結果的に後方じゃなければ、と言うレースでもあったけどそれはレースが終わってからなら何とでも言えるので置いておいて・・・。

レインボーラインが言ってみれば絶好のナビゲートをしてくれた展開でかなり向いていたとは思うんだよな。

3角でレインボーラインが早めに動いた時はそのまま行かせて、4角でレインボーラインより短い経路でレインボーラインの後ろを取れた。

これで伸びないのであれば今回は納得の敗北じゃないかな。

もう少し突き抜けてくると思ったけど・・・。本番、この馬も軽視できないよ。







コメント

  1. 匿名 より:

    豊さんは、クリンチャーが勘違いしたと言ってるけど、はてさて。
    馬が仕掛けどころの記憶があって、自分で行ってしまったということですかね。
    最近クリンチャ追い切りも動くし、やる気がありすぎるのかとか色々考えてしまいますね。

  2. 節穴 より:

    個人的には、調教師が入れ込みすぎてクリンチャー掛かった説が有力だと思います(笑)
    結果的に1週前のCW78.1がやりすぎでテンションが上がり、最終追い切りでも力んだ走りになって、レースでも・・・と勝手に納得しています。