アクセスランキング 【大阪杯2018】最終追い切り所見  1/3 サトノダイヤモンド、アルアイン等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【大阪杯2018】最終追い切り所見  1/3 サトノダイヤモンド、アルアイン等 元馬術選手のコラム【競馬】

アルアイン、ウインブライト、ゴールドアクター、サトノダイヤモンド、サトノノブレス、シュヴァルグラン

大阪杯2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アルアイン

栗東 CW 良  水曜日   併せ 強め

4F50.1 3F36.4 1F11.7

京都記念2着。圧倒的一番人気だったレイデオロをマークして外々を通ったのが裏目に出て、最後はロス無く回ったクリンチャーにやられた。

3歳時はかなり噛む所があったけど、前走での折り合いは問題ない水準。2000mへの短縮は好材料だと思う。

追い切りはやはり毎度の通り噛んで回って来た。京都記念の時より行きたがる素振りは強いな。

動いてはいるけど、京都記念の方が馬っぷりが良かったな。




ウインブライト

※美浦は濃霧のため追い切り映像は無し

中山記念1着。序盤からスーッと前に行けるテンの速さはここでも通用すると思う。ただ終いの脚力と言う点では今回この馬よりも強烈と思う馬が何頭もいるし、厳しい闘いになる可能性は高い。折り合いはかなりつくタイプなので崩れはしないだろうけど、それだけではこのメンバー相手にどこまでか。

ゴールドアクター

※美浦は濃霧のため追い切り映像は無し

AJCC11着。馬が進む気配を見せておらず3角でムチを使われまで促されても殆ど反応せず惨敗。果たして変わってくるかどうか。。。

サトノダイヤモンド

栗東 CW 良  水曜日   併せ 強め

6F85.4 5F68.8 4F54.0 3F39.8 1F11.7

金鯱賞3着。折り合い良く運んだが直線中々スイッチが入らず、そのまま終わるかと思わせる状況から終い200mで気勢を取り戻して鋭く伸びて3着。最後の脚には好調時を髣髴とさせるパワーを感じられた。あの一戦で馬がレースを思い出したハズ。ここで復活を期待。

追い切りは一番良かった時には届いていないものの、前走よりは格段に向上している。

まとまりのあるフットワークが戻って来ており、前回時に感じたようなバラっとした雰囲気は今回、少しも無い。追われてからワンストロークでキッチリ反応を返しておりストライドの開きも広い。

良い時に比べると、直線入ってからのハミの取り込みにキツさがあって、やや行こうとしすぎている点だけが気になったな。良い時はほど良くハミをグイーっととって柔らかく伸びるんだけどね。

これは好勝負を期待しない訳には行かないでしょう。




サトノノブレス

栗東 CW 良  水曜日   併せ 強め

6F84.2 5F68.0 4F52.2 3F37.6 1F11.5

金鯱賞2着。スローの逃げに持ち込み、最後まで伸びた。歳のせいか折り合いがかなり前進して来ており、全体的に以前より良くなっているのかな?と思えた所はある。豪脚を持っている馬だけど昔は折り合いを欠いて直線まで脚を残せなかった。今なら余裕を持って回ってこられるかもしれないから、面白みはあるよ。

この馬も前走時より追い切りの動きが向上している。折り合いがきちんとついており鞍上の指示を待てている。追われると頚をグンッと低伸させて伸びており、内容はかなり好感が持てる。

前に行く競馬も大丈夫そうだし、展開・作戦次第では圏内は入ってくるかもしれないな。

警戒。

シュヴァルグラン

栗東 坂路 良 水曜日 併せ 一杯

4F53.0 3F38.8  2F25.0 1F12.4

有馬記念3着。直線でスワーヴリチャードの斜行による不利が無ければ2着もあった。折り合いがほぼ完璧につく分、2000mは相対的に強みを活かせない所があるのはどうか。道中ムダな力はまず使わないから終いは期待出来るけど、休み明けもあるし、ちょっと不確定要素があるね。

追い切りはかなり追ったワリにこの馬としては時計が辛い。この馬場状態であればこの馬なら馬なりでこの時計を出してもおかしくないハズなのに追ってからの進みが甘い。後肢が入ってきていないよ。

脚の運びが全体的にバラっとしていて、フットワークに力感がない。

これは敬遠したくなる動きだったね。