アクセスランキング 【大阪杯2018】レース回顧  1/2 スワーヴリチャード等着順上位馬 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【大阪杯2018】レース回顧  1/2 スワーヴリチャード等着順上位馬 元馬術選手のコラム【競馬】

大阪杯2018のレース回顧をしていきます。1/2 Byアラシ




スワーヴリチャード 1着

後ろからになったけど出遅れた風でもないし、何よりデムーロ騎手が手綱を抑えていて全然押していないから、もしかしたらマクる事を前提に意図的に後方に下げたのかもしれないな。

あの外枠から出していくとまずこの馬は掛かるだろうし、先手はハナっから捨てていた様に見えた。パトロール見る限り、向こう正面で早々にマクるタイミングを探っていた感じは受ける。

前にいたトリオンフ外に張り出して進路を塞いでいて、この馬が内に入ってからのマクりになったので3角、かなり外からの進入になったけどこの距離ロスも跳ねのけているのも見逃せないね。

終いは全くタレず最後まで手前を替えて伸びようとしているんだから大したもの。4角先頭で前を抜く事が無かったためかソラを使う気配も感じなかったな。

本来、こういう荒削りな競馬をしないで勝つのが一番良いんだろうけど、このメンバー相手に地力の高さを示した勝ったんだから今後もこういう競馬をしてもこの馬の場合は良いんだろう。G1より格上のレースは無いし、何よりもこのメンバーより何枚も上のメンツなんていないんだから。

右回りで大外から差し込むをモタれるのは多分まだ出るんだろうけど、今回は早め先頭でインを走った分かキレ込む所は出なかった。右は引き続き警戒したい気持ちは残る。

まずすさまじい勝ち方。宝塚記念で現役最強の座につく可能性も十分にあると思った。




ペルシアンナイト 2着

案の定終始掛かっていて、道中も前に行ってしまったけど今回はキチンと最後まで伸びてくれた。前に行ったのは計算外だと思うけど、結果的には好位に進出できたしオーライな所はある。

4角でウインブライトが一杯になってくれたお陰で、福永騎手もジッと待つ事が出来た。目論見通りウインブライトが後退するとそこに大きくスペースが開いたから、そこから一気に追ったけど勝ち馬の走りに追随できず2着まで。

折り合いを欠いたのは引き続き警戒材料である事には変わりないけど、すばらしい脚を使ってくれた。

次は安田記念かな。ムラっ気が強いのでこの走りだけを持って最有力とはし難いけど気分良く行ければやはり強い。




アルアイン 3着

好スタートを決めて好位で思ったよりかなり折り合って運べていた。道中ゴールドアクターが来た所で少しムキになる所が出たけど、それも少しの間だけだった。

スワーヴリチャードがマクって行った所で、スピードを上げて負けじと前に進出して勝ちに行こうとした騎乗は良かったと思う。皐月賞でも指摘したけどちょっと置かれる所はあるんだよな。まぁ、スーッと上がって行けても良くて2着だっただろうけど。

早めに動いた分、最後は浅くなった感じがあるけど勝ちに行っての事なので致しかた無い。タメて自分のタイミングで負っていれば(進路が塞がらない前提で)2着はあったと思うけどね。

良く走ったと思う。やはり2000mが合っていると思うよ。今後も中距離で楽しみ。