アクセスランキング 【皐月賞2018】最終追い切り所見  3/3 ワグネリアン、タイムフライヤー等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【皐月賞2018】最終追い切り所見  3/3 ワグネリアン、タイムフライヤー等 元馬術選手のコラム【競馬】

スリーヘリオス、タイムフライヤー、ダブルシャープ、マイネルファンロン、ワグネリアン

皐月賞2018の追い切りについて所見を述べていきます 3/3 by アラシ




スリーヘリオス

栗東 CW 良  水曜日   併せ 一杯

6F84.0 5F67.0 4F51.5 3F37.7 1F12.5

ダート1200mの500万下3着からの挑戦。中団から差し込んで一杯一杯の3着だし、このメンバーに入ってしまうとどう考えても勝算は無い。

追い切りはこの時計がほとんど目一杯と言った所で、あまり伸びていない。僚馬に手応えで完全に劣っていたし、どうかな。

タイムフライヤー

栗東 CW 良  水曜日   併せ 一杯

6F79.0 5F63.6 4F49.5 3F36.7 1F12.3

若葉S1.2倍のダントツ1番人気に支持されるも5着。ホープフルSを勝っているG1ホース。大外の枠から何度か接触があり、4角でも外を回らされ、馬場も良く内前の馬が止まらない等、細々としたファクターが累積した所はあるけど、もう少し速い上がりが使えなかったのか、とも思ってしまう。一応抑える必要はあるだろう。

追い切りでは掛かる気配が結構出ていてそこは正直気になる。元々折り合いはあまり良くない馬だからね。道中脚を消耗してまで勝てる馬かといわれると流石に微妙だし。

これだけの時計を出しても終い終われて尚伸びてはいた。能力はやはり高いんだろう。

折り合い次第だね。




ダブルシャープ

栗東 CW 良  水曜日   併せ 一杯

6F86.3 5F68.6 4F52.9 3F37.9 1F12.0

若葉S2着。前いたタニノフランケルがバテて2着を確保。脚が毎回ほどほどと言った所で取り立てて強調する点は無い。折り合いも万全とは言い難く、ここはどうかと思うよ。

背中の使い方が不十分で、後肢を確りとは踏み込めておらずバラっとした走法になっている。決め手を繰り出してくる様には見えないな。

マイネルファンロン

美浦 南W 良  水曜日   併せ 馬なり

5F70.2 4F54.4 3F39.6 1F12.5

スプリングS3着。折り合いが難しい馬で、その分終いが浅くなるのが鮮明。前走も今までよりは我慢が利いたけどやはり折り合いは窮屈そうにしていて終いで弾け切れなかった。

折り合いさえつけば見せ場はあると思う。折り合いがつけば、ね。

追い切りでも掛かる気配満載で、これはレースに行っていきなり折り合うという事はなさそう。馬がどんどん行ってしまって抑えが利いていないよ。

去勢するか、歳を取って大人しくなれば走ってきそうな気配はあるけどね。




ワグネリアン

栗東 CW 良  水曜日  単 馬なり

6F86.1 5F69.2 4F53.8 3F40.0 1F13.0

弥生賞2着。スローペースになってしまい、序盤で手控えたのが裏目に出た。勝負所でしんどい位置取りから良く伸びて2着に来れており末脚はやはり良いものを持っている。折り合いやや不安があるも2000mは問題なさそう。少し内にキレ込む気配は2歳時から見せているので、外ムチが使いにくい点には注意が必要だろう。

追い切りは折り合いを意識して単走でそーっと終わらせた。一週前も僚馬の後ろで我慢させるスタイルを取っておりやはり折り合いに課題は残しているんだろう。タメさえ利けば末脚は確実だけど、序盤から位置を取るのは難しそうだな。

能力はかなり評価できる。後は折り合い次第。この多頭数の中山では捌き遅れが命取りになりかねないのも気がかり。