アクセスランキング 【天皇賞・春2018】最終追い切り所見  3/3  レインボーライン、トーセンバジル等 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【天皇賞・春2018】最終追い切り所見  3/3  レインボーライン、トーセンバジル等 元馬術選手のコラム【競馬】

トーセンバジル、ピンポン、ミッキーロケット、ヤマカツライデン、レインボーライン

天皇賞・春2018の追い切りについて所見を述べていきます。3/3 by アラシ




トーセンバジル

栗東 芝 不良  水曜日   併せ 強め

5F71.9 4F54.6 3F39.2 1F11.9

日経賞5着。スローの中団とは言え、4角まで好手合いを作って回って来れたんだけど終いで思ったより弾けなかった。追い切りでは最高の状態にあると思ったんだけどな・・・。香港ヴァーズ、京都大賞典で強い競馬は見せているし、信頼できる馬だと思うんだけど、どうか。

追い切りは伸びる感触が今まで程ではなかったので、肩ムチ2発もらって尚グンッと行っていないのが気がかり。追い切りは走る馬なんだけど・・・。

どうも良くは見えないな。




ピンポン

美浦 南W  重  水曜日   併せ 馬なり

5F68.8 4F53.5 3F39.1 1F13.2

福島民報杯5着。経済コースを通ってイン突きをまずまずハメるも伸び切れず敗北。まぁ、そんなに速い脚は持っていなそうだし切りで良いかも。

追い切りはコーナリングまでは重心の低いフォームで四肢のまとまりを持って走れていて好感触なんだけど、直線入ってヘッドが上がりフワついたのがなんとも。




ミッキーロケット

栗東 坂路  不良 水曜日 併せ 一杯

4F52.6  3F37.8  2F24.8  1F12.8

京都記念7着。ズブい馬で早仕掛けが必須なんだけど、前走はそれ以前に馬が(これまでのレースに比べて)直線で殆ど走る気持ちになっていなかった。ハミが取れておらずあれでは惨敗止む無しと言う所。

やはり追い切りを見て精査する必要はあるだろう。

追い切りはいつも一杯で締める馬で今回も同様。ズブい馬なので凄く賛成だね。今までよりは浅い追いっぷりで同様の動きが出来ているし、何よりもハミを確り取れている。ここ数戦では一番良く見えるかな。

長距離は本領だと思うし、警戒したほうが良いかも。

ヤマカツライデン

栗東 坂路  不良 水曜日 単 一杯

4F50.6  3F37.8  2F25.8  1F13.2

大阪杯11着。外めの枠からハナの奪取に成功し、1分01秒というスローな流れを形成できた騎乗は見事。そのペースで4角早々にタレるのであればやはり能力不足は明らか。奇跡が起きて1分03秒くらいで単機でいけないとG1では難しいんじゃないかな。

この馬も最終追いは時計を出すからね。馬場状態良い時間帯だったし毎度の通り良く走っているよ。厳しいとは思うけど、この馬なりには順調そう。

レインボーライン

栗東 坂路  不良 水曜日 単 馬なり

4F60.0  3F43.3  2F27.9  1F13.4

阪神大賞典1着。クリンチャーを意識したのか長距離レースでは命取りになりかねないかなり大味な仕掛けで早めに動いた上に、4角もかなり外を通ってきた。それでも突き抜けて勝つんだから手放しで評価して良い内容だと思った。

この1年でやや噛む所が出てきてはいるけど、そんなにレースには影響ないみたい。

追い切りは浅見厩舎なので日曜日に時計を出して、水曜日のここはサッと流す感じ。坂を登るに連れてヘッドが上がるのがこの馬なんだけど、レース中は普通に走るし気にしなく良いよ。