アクセスランキング 【京都新聞杯2018】最終追い切り所見  1/3 グローリーヴェイズ・アドマイヤアルバ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【京都新聞杯2018】最終追い切り所見  1/3 グローリーヴェイズ・アドマイヤアルバ等 元馬術選手のコラム【競馬】

アドマイヤアルバ、アルムフォルツァ、アールスター、イペルラーニオ、インターセクション、グローリーヴェイズ、ケイティクレバー

京都新聞杯2018の追い切りについて所見を述べていきます。1/3 by アラシ




アドマイヤアルバ

栗東 CW 良  水曜日  併せ 一杯

6F82.0 5F65.5 4F51.0 3F37.4 1F12.0

500万下1着。脚にジリッぽさを感じるので終い決め切れるか。良く頑張って粘りこみに来るだけに大きくは崩れない様な気がするけどね。

追い切りは前脚の捌きが硬く前に伸びていない所だけが気がかりだけど、それほど大変でもなさそうにこれだけの時計を出してきている。やはり能力はあるんじゃないかな。

展開次第で上位も。




アルムフォルツァ

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F52.6  3F38.3  2F24.9  1F12.5

あずさ賞1着。少し折り合いに不安な部分があり、もしかしたら道中少し前に上がる程度の掛かりを見せるかも。追われて一気に来るほどの脚はなさそうだし、どこまで見込むか。

追い切りは馬なりでかなりの時計を出していて終いも全く止まっていない。坂路でこれだけの時計を出すと後肢がついて来ずフォームが崩れる馬もいるんだけど、そういう気配もない。

かなり良く見えたね。




アールスター

栗東 坂路  良 水曜日 併せ 馬なり

4F55.6  3F40.6  2F26.2  1F12.9

未勝利戦1着。あのメンバーの中では力量上位の楽勝と言う感じではあった。鞍上の指示通りに先手は取れていたのも良かったかな。

ただ、パンパンの良馬場で時計2:01.3秒では足りないよなぁ。。。

追い切りは15-14.5-13-13と抑えながらピッチは組めている。窮屈そうにせずペースを維持出来てはいたし、悪く見える所はないな。

イペルラーニオ

※水曜日時点で追い切り映像は無し

未勝利戦1着。道中いきなりペースが速くなった特異なレースでこの馬もかなりの早仕掛け。最後は他馬同様一杯にはなっていたけど、それはそれで頑張り切っている。でも重賞で通用するイメージはないな。

インターセクション

※水曜日時点で追い切り映像は無し

未勝利戦1着。大きく出遅れてしまい道中ポジションをあげて脚を使いながらも終いで尚伸びる内容のある競馬をしていた。過去走見ても出遅れの心配はあまり無い馬の様だし、ここでもやれるかも。ストライドの開きが大きくて良い走りをしているよ。

グローリーヴェイズ

美浦 南W 良  水曜日   併せ 一杯

4F53.4 3F39.0 1F12.1

きさらぎ賞2着。スタートから置かれて後方になり、道中脚を使うも直線でキッチリ伸びた。最後はムチに大きく反応してスピードを上げ続けていたし、マクって脚を使った事を考えれば十分に強い競馬をしていると思う。

最後は勝ち馬の余力に屈した感じだね。

追い切りは追われても頭が高いのがどうかだけど、一杯に見合った良い時計が出ている。悪いとは思わないよ。

ケイティクレバー

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

6F87.5 5F70.6 4F55.2 3F40.8 1F12.5

皐月賞11着。勝ち馬に近い位置で競馬してタイム差1.2秒での入線となると強くは評価しがたい所。直線途中まで頑張ってはいたけどね。

追い切りは3頭併せの真ん中である程度我慢させる意図があったんだろう。最後はキッチリ伸びたけど、時計が緩くて余力が残った分もある。

まず普通じゃないかな。