アクセスランキング 【京王杯スプリングカップ2018】最終追い切り所見  2/3 ダンスディレクター、シュウジ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【京王杯スプリングカップ2018】最終追い切り所見  2/3 ダンスディレクター、シュウジ等 元馬術選手のコラム【競馬】

シュウジ、セイウンコウセイ、タガノブルグ、ダイメイフジ、ダンスディレクター、テオドール

京王杯SC2018の追い切りについて所見を述べていきます。2/3 by アラシ




シュウジ

栗東 坂路  不良 水曜日 併せ 馬なり

4F52.8  3F38.4  2F25.2  1F13.3

東風S3着。予期せずして出遅れてしまうもそこからキッチリ我慢させて直線だけの競馬で3着を確保。ここ2戦、我慢は利いているし賞金も持っている馬だから、ここは敢えて怪我の功名を活かして追い込んで来るかも知れないな。

追い切りはいつも通り猛然とやって来たけど200m過ぎでかなりフワついていた。不良馬場とは言えちょっと止まりすぎなのかな、と思った。

良くは見えない。

セイウンコウセイ

美浦 南W 重  水曜日  単 馬なり

5F70.1 4F54.2 3F39.6 1F12.1

高松宮記念6着。好スタートから逃げの手を上手く作ったけど終いで粘り切れず。相手が強かった印象だけどこの馬もかなり頑張っている。メンバーの軽くなるここなら馬券圏内も。

追い切りは追われてキッチリ伸びたけど、5F70秒と控えているから・・・。ちょっとこれでは良く分からないな。頚は使えていて変な硬さは感じないよ。

タガノブルグ

※追い切り映像は無し

谷川岳S4着。イン突きからジリっと伸びて掲示板を確保。GⅡで戦えるほどの力はまだ無いと思うな。




ダイメイフジ

栗東 坂路  不良 水曜日 併せ 終い強め

4F56.2  3F40.7  2F25.6  1F12.2

オーシャンS3着。初の重賞と慣れない1200mで置かれながらの競馬になるも直線ではまずまず伸びて3着を確保。十分メドの立つ内容だったと思う。1400mの方がペースに合っていると思うし更なる前進を。

追い切りは時計を抑えて終いで強めに追うスタイル。4F56.2と抑えて肩ムチ使ったとは言え、終い1F12.2秒を不良馬場で出すなら上々の反応だろう。これ以上速い終い1Fはめったに出ないからね。

ダンスディレクター

栗東 坂路  不良 水曜日 併せ 馬なり

4F54.4  3F39.8  2F25.8  1F12.6

高松宮記念4着。終始インコースで競馬をしてコース取り自体は最高だったんだけど、どういう訳か激しく馬が掛かってしまった。普段全く折り合いに心配な面は見せないから意外だったね。

最後追い出しに掛かってからは、道中掛かったのが堪えた感じでそれ程伸びず。スムーズに行ければかなり違ったかも?と思うんだよな。

※後日 武豊TVⅡで武騎手が語った所によると「馬が何故かコーナーを曲がろうとしなかった」との事。

追い切りは全体的に負荷はかけていない印象だけど、終い200mで馬が自分から加速して僚馬を制しており内容としては好感が持てる。安田記念を意識して余分は持たせている感じだし、ここでどこまでやれるか注目だね。




テオドール

美浦 南W 重  水曜日  併せ 馬なり

4F53.0 3F38.0 1F12.9

ダービー卿CT4着。折り合いが微妙なのでどうしてもある程度は前に行って脚を使ってしまう。それでも伸びては来るから能力はある。確りタメを作って追えればここでもチャンスがあるかも。1400mへの短縮に活路は見出せるハズ。

追い切りは四肢と頚の連動が取れていないぎこちないフォームで走っていて、実際追ってもあまり伸びていない。良馬場でどうかだけど、追い切り見た感じは正直イマイチ。