アクセスランキング 【ヴィクトリアマイル2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【ヴィクトリアマイル2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

ヴィクトリアマイル2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ジュールポレール 1着

追い切りでかなり仕上げてきていると思ったからね。これだけ動く状態にしておくと稀に穴を開けてしまう事もある。去年のエプソムカップでダッシングブレイズがそういう雰囲気だったんだけど、まさに同じものは感じていた。

上がり勝負の展開になってスーッと前に行けるこの馬にはマッチしたと思う。好位のやや内につけて、外からフタをされる恐れのある位置取りではあったけど、横にいたアエロリットは前に行ってくれたし、ソウスタは踏みとどまってくれた。この結果いつでも外に出せる隊列になって、勝負所でも焦る事なくタメに専念できる状況になったのも大きいと思う。

直線も幸騎手が無闇に追いまくらず、最後にレッドアヴァンセを頭差抜けるような間合いで追って脚を温存していたのも良かった。レッドアヴァンセを射程に入れてから一旦追いを緩めて後続の警戒に当てていたから、最後はリスグラシューを凌ぎ切れた。

今日は完全目一杯の仕上げ・レースだったし、一旦休養を挟んだ方が良いだろうね。引き続き牝馬重賞上位という評価で秋も期待。




リスグラシュー 2着

結果論として位置取りが後ろだった。外枠だったし幾らか後手になるのは仕方が無い部分もある。それと前で競馬をしていたソウルスターリングが終始動きが鈍重でジャマになった部分もあり勝ち馬に比べて自由な競馬が出来なかった。

それでも直線開いた所を捌いてまずまず上手く出てきたけど、直線での捌きに全く苦労が入らなかった勝ち馬とのスパートタイミングの差が埋め切れなかった。鋭く詰めたけど、最後は追いを緩めて温存していた幸騎手が脚を開放してもう一伸びを繰り出して来たために追撃もここまで。

展開を考えたら良く走っているし、やはり一番強い競馬をしてはいる。

能力が変な意味で中途半端に高くて堅実な作戦を採り易い分、最後で足りない所がでるのかな。もう少し積極策を取り入れて競馬をすれば、替わるかも(詰まって大敗のリスクも高まるけど)

この次も当然期待。評価は牝馬G1で上位常連。




アエロリット 4着

直線伸びているんだけど、気持ちが入り切らない。まったくヤメている訳では無いんだけど全力投球をしている雰囲気もない。競る競馬だと他馬に遅れを取りやすい所がある。

ペースを気にせず、道中から単騎で行った方が良かったかも。能力はかなり高い馬だから止まらずそのまま残せる可能性もあると思う。競られたらそれまでの精神でリードを拡げて見るのも手かもね。

自分のカタにハメられないとこんなもんじゃないかな。能力はあるけど、アテにしづらい。

レッツゴードンキ 6着

1200mを使ってきたせいか掛かる所が再燃する雰囲気をみせていた。我を失うほどではない感じだけど、直線の伸びに悪影響がありそうな程度ではあった。追い切りで掛かる気配を見せていたのと関係があるのかな。最近は落ち着いたレースをしているから、追い切りを見た時はご愛嬌くらいにしか思わなかったんだけど。。。折り合いについては今後よく注視した方が良さそう。

それと直線で少し脚の運びがヨワついていた様に見える所があった。馬場を少し気にして伸びあぐねた所もあるかも。それでもムチが入った後には最後まで走る気配は見せているから、道中の温存次第で今後も幾らでもやれる。

今後も短距離G1~牝馬G1で期待。

アドマイヤリード 8着

ロスの無いコース取りで直線一気に追ったが、前がみんな33秒台の上がりを使っており追っても追っても差が詰まらず。33.0秒の脚が使えれば1着争いだったと言う事になるけど、インコースでそれはちょっと無理がある。

脚勢は文句なしに本気だったし、実力は出し切った。やはり一生懸命走る真面目な馬だと思う。華奢で蹄も小さい分か、この馬場を苦にしているフシもなかったけど、時計そのものは良い所を通らないと限度がある。

今後も牝馬のG1~牡馬混合のG3とかでも十分面白いと思う。

良い走りはしていた。







コメント

  1. ポム より:

    オークス出走のアーモンドアイが桜花賞の最後の直線で手前を6回ほど変えていましたが、そういった走法の馬はどうなんでしょうか?何か体調に問題を抱えているとか、それとも展性的なものである意味特殊な馬なのか。教えていただきたいです