アクセスランキング 【オークス2018】最終追い切り所見  3/3 ラッキーライラック、リリーノーブル等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【オークス2018】最終追い切り所見  3/3 ラッキーライラック、リリーノーブル等 元馬術選手のコラム【競馬】

マウレア、ラッキーライラック、ランドネ、リリーノーブル、レッドサクヤ、ロサグラウカ

オークス2018の追い切りについて所見を述べていきます。3/3 by アラシ




マウレア

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

5F68.4 4F53.1 3F38.6 1F12.8

桜花賞5着。外枠から折り合って運んで4角すこしロスが出たけど上々の運び。道中割と上手く行った感じがしたけど直線、思ったほどは弾けなかった感がある。闘志を前面に出してくるタイプじゃないし、ガチの展開になると少し負けてくる所が出るかも。

折り合いはピカイチだしオークスでの伸び幅はあると思うよ。

追い切りは少し気勢が乗りすぎな気がするけどな。どうしても急いてしまっていて頚が深く大きく使えておらず、短く小さい使い方になっていてストライドの伸びが不十分。もう少しドッシリした雰囲気の追い切りを期待していたんだけど。。。

2400mはいつもの運びならこなせるハズ。馬券に絡む可能性もあるとは思うけど、太鼓判評価にはならなかったな。

ラッキーライラック

栗東 CW 良  水曜日  併せ 強め

6F86.0 5F69.2 4F53.8 3F39.1 1F11.5

桜花賞2着。殆どロス無く立ち回って、直線は追い出しを待てるだけの手応えも十分に残していたが、アーモンドアイの脚に屈してしまう。あの競馬で負けてしまったのなら完敗と言うしかない。のんびり行ける馬ではないので2400mが1600mより合っていると言う事は多分ないと思う。

追い切りは引き続き抜群に動く。桜花賞の時よりまた一回り成長している様に見えるよ。いつも通り6分くらいの出力でコーナーを回ると直線は1回か2回追われただけで一気にスピードアップして僚馬を完全に制していた。前走時までは並ぶと頭を上げる所があったけど、今回はかなり解消されている。

アーモンドアイにリベンジ出来る態勢にあると思う。好勝負を。




ランドネ

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F54.9  3F39.9  2F26.5  1F13.1

スイートピーS1着。少し道中でハミを持っていってポジションを上げてしまうので2400mはかなりネガティヴ。追われてからの伸び脚はまずまずだけど、オークスではタメを利かせないと直線に入る前に勝負がついてしまう。実際2走前は大きく折り合いを欠いて8着に敗れており、この長丁場は安心できる材料がない。

追い切りもー200mくらいの所まで激しくハミを噛んで掛かってしまっており、レースでの傾向がやはりそのまま出てきた。1600mならこれでも行けるかもだけど、2400mとなると・・・。




リリーノーブル

栗東 CW 良  水曜日  単 一杯

6F79.3 5F62.6 4F49.3 3F36.4 1F11.8

桜花賞3着。スーッとスタートを切れて消耗無く先団に取り付いて競馬が出来た。勝負所でも不利を受け無そうな隊列で道中を進められたし、折り合いもついていた。桜花賞では一番良い形で競馬を進められたんじゃないかな。

それでも完敗3着だったとなるとさすがに上位2頭にはかなりの戦力差があった印象。オークスでの逆転はちょっと見込みが立たない。

それと折り合いが万全という馬ではないから2400mでは積極視出来ない部分がある。

追い切りでは謎の猛時計調教を敢行し5F62.6秒と中々見ない時計。これだけの時計を出しても終い止っていないのは流石だけど、正直意図が良く分からない。これだけの時計を出すと流石に仕上がる以上に疲労も出てくるハズ。ガス抜きさせて落ち着かせようとしているのかな。

悪くはないと思うんだけど・・・。

レッドサクヤ

栗東 CW 良  水曜日  併せ 一杯

6F86.0 5F68.5 4F53.1 3F38.7 1F11.9

桜花賞7着。無理なく先手に行けるダッシュの良さはここでも活きそう。桜花賞は4角早めに動いていって本当に勝ちに行こうとした結果だからそれで7着なら頑張っている。結果的にバテて惨敗にはなったけど、タメて直線で勝負していれば掲示板も有り得たハズ。ちょっとフットワークが忙しくなりやすい所も見られるので2400mはマイナス視。

ハミにモタれるようなフォームで走る馬だけど、前走よりは大分良くなってノメった感じが改善されてきている。頚の使い方が上手になってその分、四肢のまとまりも確りしてきている。良さそうだね。

併入は狙ってのもの(追ったりして抜きに行こうとする所がない)なので、むしろ評価。

距離さえこなせれば、警戒も。

ロサグラウカ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

4F53.7 3F39.1 1F12.5

水仙賞1着。新馬戦では中々強い勝ちっぷりで、前走も牝馬ながら2戦目で2200mをこなして勝っていて中々評価できる所はある。ちょっと噛みながら運びはするけど短いところは使っていないし2400mを長いと思われる事はないハズ。決め手がそこそこなのでどこまで食い込めるかな。。。

追い切りはコーナリングまでは軽快なステップで楽そうに回れていて、多分直線入っても余裕はあったんだろうけど、追われてからの伸びが手応えに比して物足りない。こういう所があるから長い所が向いているんだろうけど。。。

各馬が消耗するようなペースになれば面白いかも。