アクセスランキング 【オークス2018】レース回顧 ー久々の怪物誕生ー元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【オークス2018】レース回顧 ー久々の怪物誕生ー元馬術選手のコラム【競馬】

オークス2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




アーモンドアイ 1着

序盤思ったより先手に行ってスタンドも少しどよめいた。雰囲気的にゲート後はガッついていたから、馬自身に行く気が出てしまってはいたと思う。それでも左手前から右手前に戻した所で、フっと落ち着いたんだよな。

「競ると手前を替える」馬なので、序盤最初っから競走に行こうとしたのかもな。ルメール騎手に手綱を絞られて、それで手前を右に戻してレースはこれからだというのを理解したのかも。

1角進入時点で目がイってはいなかったから、そこまで心配にはならなかった。

道中はほぼほぼ折り合ったし、ラッキーライラックを見ながらの競馬、3~4角でもロスなく回れて、不利なく外に出せる体勢も確保と理想に近いレース運びが出来ていたのも見逃せないね。ナイスエスコート。

マウレア、サトノワルキューレが終始マークしてはいたけど、この馬の後ろで競馬をしてしまったらやはり勝ち目が無かったと言う事だろう。

直線はもう馬場の一番良い所を追うだけと言う展開。やはり競る時だけ手前を替えるのは今日もでた。まぁ、直前の追い切りがそうだったから変わっているワケはないと思ったけど。

一旦交わされて巻き返して来た所で、再度左手前に戻してトドメを刺すとまた右手前に戻して悠然とゴール。手前(脚)を余している雰囲気はたっぷり残していたし、まだまだ幾らでも余裕があったと言う感じだね。

秋華賞もこのまま行ったら楽勝だろうから、三冠に拘らないのもてじゃないかな。

秋は競馬界の一翼を担う存在になるだろうし、楽しみ。




リリーノーブル 2着

馬場状態がまだまだ良い中で、最内をロス無く運べたのは良かったと思う。やはり掛かる馬で道中リズムを崩しがちではあったけど、2400mという距離は普通にこなした。

4角で前がガラガラでアッサリ出れたのも味方したね。ここでアーモンドアイを引き付けて一騎打ちを挑むも、苦しめる事なく交わされてしまう。それでも根性で巻き返しを図って伸びて、何とかアーモンドアイにもう一度左手前を出させるだけの抵抗はしてみせた。

アーモンドアイを待たずに直線入り口から一気に行くの手だったと思うけど、こればかりは鞍上判断。

いつも掛かり気味だし2000mまでのレースが良さそう。桜花賞でラッキーライラックに詰め寄ったり、今回も凌ぎきったりと力をつけているのかもしれないな。

2歳戦~春競馬までは十分に存在感を示した。気性的にどこまでピークがあるか分からない所があるけど、ひとまず秋に期待。




ラッキーライラック 3着

ちょっと噛んで運んだけどそれはいつもの事。ロスの無いコース取りだったし、前走に続いて理想の競馬が出来たんじゃないかな。

最後までキッチリ伸びているし2400mは十分こなせていたと思う。リリーノーブルを捉えられなかった事については、位置取りもあるだろうけど、それ以上にリリーノーブルが頑張った。桜花賞・オークスの2戦を見て、この2頭の力量差は埋まってきているのかもしれないね。

レース中、急いた雰囲気を出しているし1600mの方が強い競馬をすると思うけど、どうか。

マウレア 5着

内枠から五分に出てアーモンドアイをマークする事に成功するも、勝負所で一気に引き離されて完全敗北(出走馬全てに言えるけど)。

突き抜けては来なかったけど、この馬なりに頑張って最後まで伸びている。折り合いがつく分、距離が伸びても崩れはしないね。

OP2000m~2500mくらいでなら牡馬混じりでもやれるんじゃないかな。

気性的に秋にガタっと悪くなっている事はないと思う。秋華賞に向けて、どれだけ詰められるかだね。

サトノワルキューレ 6着

道中、デムーロ騎手のヒジが張って掛かりそうな所はあったけど、大きく伸び脚に影響するほどとは感じなかった。

4角で手応えが微妙になっていた上に、坂に入った所でフットワークがフワッとした。最後は6着固めをしていた位だし余力は早々になくなっていた感じ。

距離かな。ま、牝馬はこれから2400mを無理に走るようなローテはあまり無いからね。2000mか、心筋が確りしてくれば2400mも守備範囲になってくるかもしれないな。

距離を戻して再度期待。