アクセスランキング 【日本ダービー2018】最終追い切り所見  3/3 ダノンプレミアム、ワグネリアン等 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【日本ダービー2018】最終追い切り所見  3/3 ダノンプレミアム、ワグネリアン等 元馬術選手のコラム【競馬】

ステルヴィオ、タイムフライヤー、ダノンプレミアム、テーオーエナジー、ブラストワンピース、ワグネリアン

日本ダービー2018の追い切りについて所見を述べていきます。3/3 by アラシ



ステルヴィオ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

4F55.0 3F40.5 1F12.7

皐月賞4着。有力馬の中では比較的上手く4角を捌けたけど、完全などフリーで一番良いタイミングで仕掛けられた勝ち馬とは位置取りが違いすぎた。

大外枠で出遅れ気味になってしまい後方にならざるを得なかったのも響いたね。

4角はロスを極力押さえて直線は良く脚を使っていたけど、大外ブン回してきたキタノコマンドールに肉薄されていた辺り、戦力差を感じたな。

追い切りは馬なり好時計で四肢の動き、頚との連動も至ってスムーズで妙な緊張感みたいなのは一切感じない。フルパワーで来れる態勢にあると思うよ。

このメンバーでその末脚がどこまで通用するか。




タイムフライヤー

栗東 坂路  良 水曜日 併せ 馬なり

4F55.4 3F40.2  2F25.9  1F12.4

皐月賞10着。中団で上手く運んでいたけど、4角で手応え一杯になり伸びる所なく大敗。良馬場で違ってくる可能性は否定できないけど若葉Sでも強みのあまり見られない5着と負けており、ここで大逆転と言うのは中々イメージしづらい。

追い切りは時計が緩いにも関わらず脚取りが重く、進んでいない。追われてもその感じが変わっておらず悪く見えるよ。

ここは様子見で良いかも。

ダノンプレミアム

栗東 CW 良  水曜日  単 馬なり

5F69..4 4F52.6 3F37.8 1F11.3

弥生賞1着。ザセキにより皐月賞を回避。ただ、弥生賞までの内容からここも1番人気に支持されると見て間違いないだろう。道中幾らか噛んで進むが終いは確り伸びる。2400mへの延長がプラスには出ないとは思うけど、ダメと感じる所はない。

強力なライバル達を八分のスパートで蹴散らして来ており、実力はこのメンバーの中での一枚抜けている。

追い切りはコーナリング時に頭をガックン上げていた事については気にしなくて良い。それよりもキタサンブラックの様に非常にゆったりしたフットワークで3F37.8秒を叩きだしている事を評価すべき。

四肢と背中の連動はピカイチだし、ストライドも十分広く取れている。何よりハミをグイーっと引いて前に伸びていく気勢はとても頼もしいと思った。

これはやはり期待だろう。




テーオーエナジー

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F53.7  3F39.3  2F25.7 1F12.3 

兵庫CS1着。中央馬の貫禄を見せ付けての圧勝・・・つまり相手が弱いので評価はどうともしづらい。2走前の500万下は後続を5馬身引き離しての楽勝で、むしろそっちの方が評価できる。芝は走ってみないと何とも。

追い切りはどうもキョロキョロしてしまっていて、走りに集中力を感じない。それと頚の使い方が浅く短いね。これではストライドは伸びてこないし時計も出せだないだろう。

一旦様子見。

ブラストワンピース

美浦 南W 良  水曜日  併せ 一杯

4F51.0 3F36.2 1F12.2

毎日杯1着。NHKマイルC2着のギベオンを楽に離して勝っている。これまで楽勝続きで底を見せていないと言う意味では、面白い存在だと思う。

追ってキレ脚を発揮していないので、こっちとしては正直半信半疑な所はある。

追い切りは時計をフルに出してきた。レースでもそうだけど追われてグンっと行かないんだよな。フォームに好感が持てないというか、こういう走り方の馬にG1馬があまりいない(追い切りは4年近く見てるけど、少なくともその中にはいなかった)。

底見せしていない力を持っているにせよ、一旦ここは様子を見たいな。

ワグネリアン

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F55.2  3F40.1  2F25.7 1F12.4 

皐月賞7着。この馬も後方に位置取りしたのが響いた。折り合いが悪い馬なので序盤手控えざるを得ない事情もある。4角決して悪すぎる位置関係でも無かったんだけど、追ってからの反応が今ひとつで置かれてしまった。良馬場で違ってくるとは思うけど、どうか。

とにかく折り合いが肝な馬だけど、この追い切りでは今までで一番掛かる気配が出ており、評価しづらい。ゲートを出てからは控えるしかないだろう。幾ら末脚が凄いといってもレース展開に注文がついてしまうとアテにはしづらい。

前が崩れるペースになればチャンスあるも、スローでは昨年のレイデオロのようなマクりは出来ないと思う。

アテにしづらいが、どうか。