アクセスランキング 【宝塚記念2018】最終追い切り所見  1/3 サトノクラウン、キセキ等 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【宝塚記念2018】最終追い切り所見  1/3 サトノクラウン、キセキ等 元馬術選手のコラム【競馬】

アルバート、ヴィブロス、キセキ、サイモンラムセス、サトノクラウン

宝塚記念2018の最終追い切りについて所見を述べていきます。1/3 by アラシ



アルバート

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 強め

5F68.6 4F52.9 3F38.6 1F13.4

天皇賞春8着。道中そのものはソツなく折り合って運んだんだけど、3コーナー残り800mの所から一気に動いて超大外ブン回しを敢行して脚を使い果たし敗北。やはり天皇賞春で外から差し切るのは大変という印象は残った。好位運べればここも見限れない。

一週前同様、追われるとヘッドアップしてしまい加速を躊躇する気配を出すのがかなり気になる。29戦を戦っている馬だし、そろそろヤメ癖が見えて来てもおかしくはない所ではある。

元々キッチリ追われて伸びるタイプだっただけに、この状態変化は心配。

20点

ヴィブロス

栗東 坂路  重 水曜日 単 馬なり

4F58.7  3F41.9   2F27.7  1F13.8

ドバイターフ2着。内前有利なドバイ開催でよく後方から伸びて2着まで来た。折り合い面に不安は残すけど、地力がキッチリ出せれば。ドバイターフは映像の角度の関係から折り合い具合の確認が出来なかった。最終追い切りやパドック、返し馬まで注目したいね。

追い切りは至って軽く流す調整色が強い内容。1週前に6F80.8-1F11.2と攻めており、ここで調整に留められるのは好感。他馬のいない時間にやったとは言え、折り合いがつきそうだったのもgood。時計は0.2秒ほど想定より速くなっていそうだけど、馬場が良かった事も影響しているだろうし、ご愛嬌で良いハズ。

本番の折り合いは心配だけど、ここまでは至って順調にきてそう。

86点




キセキ

栗東 CW 重  水曜日  単 終い強め

5F64.8 4F51.0 3F38.2 1F12.4

日経賞9着。最初の直線走路で歓声を気にしてヒートアップした様に見えたが、どうか。宝塚記念でも歓声の前を通るけど・・・。タメらるかどうかだね。

追い切りは1週前よりも悪い感じになっており、終いで強めに追われても全然ハミを取ろうとせず、気勢の抜け切った状態のままフィニッシュ。馬場状態が悪い分、走る気がなくなっているのかなと言う印象で当日の天候も気がかり。

菊花賞を不良馬場で勝ってる?今は状態面で落ちているからヤメる様になっていてもおかしくないと思うよ。

12点




サイモンラムセス

栗東 坂路  重 水曜日 併せ 強め 

4F54.5  3F39.6   2F25.7  1F12.9

グリーンS1着。逃げて上手く気分よく運べた感じ。ブリンカー着用だし、他馬を気にすると見て間違いない。このメンバー相手に逃げ残りはどうだろう。

追い切りは馬場が悪い事もあって完全にズン止まり。走りにくい分はあるけど、他のメンバーが止まらずに走りきっているのを見るとどうしても見劣るね。

10点

サトノクラウン

美浦 南W やや重 水曜日  併せ 強め

5F68.5 4F53.2 3F38.9 1F13.1

ドバイシーマクラシック7着。後ろから進めて前有利なドバイ開催に呑まれた感じで度外視は出来そう。伸びているんだけど、前も伸びていた感じで位置取りの差に泣いた。まぁ、掛かる馬だから前に中々行けないのもあるんだろうけど。

最終の仕上がりは上々と言った所。ムチを使わず追われた分だけ確り伸びているのは好感が持てるよ。少し気を荒げた所はあるけど、そういう馬だから。

75点