アクセスランキング 【小倉記念2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【小倉記念2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

エーティーサンダー、キョウヘイ、キンショーユキヒメ、サトノクロニクル

小倉記念2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




エーティーサンダー

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり 

4F57.2  3F40.9  2F26.6  1F12.9

シンガポールターフクラブ賞6着。位置取りが後ろになりすぎたかな。この馬の脚ではあの位置からは届かないと思う。 そんなに脚があると感じる馬ではないからね。

追い切りは中2週ではあるけど至って軽め。フットワークにバラつきがあるし、あまり良くは見えないな。

43点




キョウヘイ

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり 

4F55.2  3F40.1  2F25.8  1F12.9

垂水S1着。どうもアゴを上げてしまって前へ伸びていくフォームになっていない。スパート時もそうだね。その分、決め手が繰り出せていない感じで中々評価し辛い。1年前にシンザン記念を勝った時はこういう気配は全くなかっただけにね。

時計が時計とは言え、楽そうの登れている辺りは好感なんだけど、やはり追い切り時でもアゴを上げて前伸びをしようとしていない。ワザとではないのかも知れないけど、本気で走れる馬のフォームではない。

38点



キンショーユキヒメ

※水曜日時点で追い切り映像はなし。

七夕賞7着。馬場が悪く止まっていた。良馬場での変わり身は十分にあると思う。北村騎手は確りタメて一気に追う(道中むやみに動いて消耗させない)、悪馬場の騎乗が確り出来ていた。

サトノクロニクル

栗東 CW 良  水曜日  併せ 馬なり

6F83.1 5F67.1 4F52.3 3F38.2 1F11.7

天皇賞春12着。マクって脚を使い果たしたのがデカかった。多分、前のインを確保して4角のロスを省きたかったんじゃないかな。結局、他馬も連動してペースを上げてしまい中途半端な状態でコーナーに進入してしまい惨敗。なんだかんだで折り合いはやや心配だから2000m、コーナー4つは合っていると思う。

追い切りは馬場のかなり良い時間にやっているので時計については割引必要。やはり少しハミを取りにかかっているね。極端な良馬場で走りやすいと行き過ぎてしまうかも。併せた時に競りに行く雰囲気は十分で自分から動けている。折り合いが気になる以外は良く見えるね。

80点