アクセスランキング 【レパードステークス2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【レパードステークス2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アドマイヤビクター、アルクトス、イダペガサス、エングローザー、オノリス、グリム、クレディブル

レパードS2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アドマイヤビクター

栗東 坂路  良 水曜日 併せ 強め

4F55.7  3F41.0  2F26.7 1F13.0

500万下1着。そこまでキメ脚は持っていない感じだけど、道中の折り合いはよく実力は確り発揮して来そう。アゴが高い走り方で前に伸びるフォームではない。これはレースでも追い切りでも同じ。追ってから全然動いていなかったね。僚馬にあそこまで離されるのは想定外だろう。良くはないのかもな。

23点




アルクトス

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

5F68.4 4F52.1 3F38.6 1F12.7

猪苗代特別1着。最内をずーっと通れたし、直線もインが大きく開いて結果的に一周まるまる最内を走れた全くロスの無い競馬になった。古馬を破ったのは当然評価できるけど、恵まれていた分が大きいのも事実。

追い切りはオンオフが確り出来ている感じで、コーナリングまでリラックス、直線で追われて一気にスイッチが入って伸びるのは好感。レースでもそういう所はたしかにあったな。よく見えるよ。

78点




イダペガサス

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

5F66.9 4F51.5 3F37.6 1F12.8

猪苗代特別2着。ゲートが開いてから少し遅れて反応するようで、出脚が少しモタつく。それなりのペースで前に行っても終いでバテない辺り、能力はありそう。前走の2着は勝ち馬とのコース取りロスの差で、着差から見れば五分の条件ならこの馬の方が恐らく上だろう。

追い切りはかなり良いな。フットワークに力感があって、確り背中が上がってその時間を利用して確りお腹の下まで後肢が入っている。頚がキッチリ前に伸びて重心が前に行っている分、背中が上がるんだよな。時計が文句なしに速いのも額面どおりに受け取って良いし、大幅先着も僚馬を制してのもの。

レース振りもスタート以外は安定しているし、楽しみ。

96点

エングローザー

※追い切り映像は無し。

ユニコーンS3着。直線で上手くインを突けたけど、伸びていたにも関わらず最後はグレートタイムに捉まってしまった。あのレースを見る限り、実力は五分の条件ならグレートタイムの方が上だと感じた。タメるレースが多いけど、前に行けないワケでも無いハズ。レースそのものは融通が利きそうに見えるけどね。

オノリス

※追い切り映像は無し。

500万下1着。ハイペースの消耗戦で最後が脚勢が無くなりながらも凌ぎきった。悪い勝ちっぷりではなかったな。

グリム

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり 

4F54.3  3F39.6  2F25.3 1F12.3

ユニコーンS9着。直線で狭い所に入ってしまいスムーズに行かなかった。元々昇竜Sを勝ったりと能力はある馬なので大きく前進もあると思うよ。

前に他厩舎の馬がいてもあまり追いかけに行く気配が出ないんだよな。逆に言うとマイペースで掛からないというか・・・。でも直線で前に馬がいたら追いかけに行ってくれないとキメ脚は出ないワケで・・・。

それほど良くは見えないな。

42点

クレディブル

美浦 南W 良  水曜日  併せ 強め

6F85.3 5F68.8 4F53.5 3F39.1 1F12.6

八王子特別5着。スタートもイマイチで折り合いも良いとは言えない。道中チグハグで消耗している分、直線では苦しそう。

追い切りはよく見えた。多少カリカリしている点はやはりあるものの、変に緊張している気配はなく、ストライドが拡がっていて重心も低く、手綱がブラブラの状態でも自分から伸びれている。

レース運び次第なのかも。上手く運べば。

81点