アクセスランキング 【関屋記念2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【関屋記念2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

ウインガニオン、エイシンティンクル、ショウナンアンセム、ジョーストリクトリ、スターオブペルシャ

関屋記念2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




ウインガニオン

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F53.9  3F38.6  2F25.0  1F12.4

中京記念8着。この馬の手合いである先手を積極的に取りに行くもペースがかなり速くなってしまい最後で崩れた。まともなペースで運べれば粘り気はある馬なので注意は必要。

追い切りはかなり馬場状態の良い時間にやっている。これだけ良い馬場なのに後肢が微妙についてきておらずややバラっとしている上に、最後の最後でフワつく気配を見せている。

いつもあまり悪い点を出さない馬なだけに今回は少し気になったな。

47点




エイシンティンクル

栗東 CW 良  水曜日  単 馬なり

6F83.4 5F66.1 4F50.8 3F37.6 1F11.7

豊明S1着。スタートが良く、そのまま折り合えるから終いでまずまず良い脚を好位からでも使える。ここもチャンスはそれなりにあると思う。2走前は1000万下を頭差勝利だったけど、2着のインディチャンプはキレ脚があって見込んでいる馬で、それを凌いでいる辺り、評価できる。

追い切りは馬場状態がよく、ジョッキー騎乗とは言え殆ど追わずにこの時計なら上等だろう。ゆったりした脚勢で速い時計が出ているのも良いね。

よく見える。

92点



ショウナンアンセム

美浦 南W やや重  水曜日  単 馬なり

5F68.4 4F52.9 3F38.6 1F12.9

パラダイスS1着。ここ2戦、スローで逃げて先頭にいながら33秒台を使う必勝の競馬が出来ており鞍上が上手く乗ってもらっている感がある。重賞のここはそんな生ぬるい流れにはまずならないだろうから、実力が試される。スタートは良いけどそれだけではどうか。

動きに変な緊張感は無く大きなストライドが取れている。時計自体は指示された通りだろうからこれを馬なりで出せているなら仕上がりに不安はないという事になる。あとはメンバーとのちから関係だね。

68点

ジョーストリクトリ

栗東 CW 良  水曜日  単 馬なり

6F84.5 5F67.7 4F52.1 3F38.2 1F12.0

米子S10着。バテずに走っている様子なんだけど、それでも35.7秒。馬が手を抜いているのかな。幾らなんでも本気で走ってこんなに遅いワケはないだろうし。

追い切りでも確かに仕掛けられると若干頭を上げて頚の躍動が悪くなる。普通は追われえるとグンッと重心が沈むのとは間逆だね。耳も怒った感じで伏せたし、よくは見えないな。

1点

スターオブペルシャ

美浦 南W やや重  水曜日  併せ 馬なり

4F53.0 3F39.3 1F13.4

パラダイスS9着。ここの所戦績が安定しているけど、前走は掛かる所が出てしまい最後はトボトボ。折り合いはまずついているレースが最近は多いし度外視して良いのかも。追い切りやパドックで雰囲気を見て決めたいね。

追い切りも折り合い重視で殆ど13.5-13.0のピッチ。せん馬だしやはりある程度掛かるのはあるんだろう。気まぐれで凡走になる気配はぬぐえないよ。気分よく行ければと言うのと当日の気分次第と言う所がありそう。

43点