アクセスランキング 【関屋記念2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【関屋記念2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

関屋記念2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




プリモシーン 1着

ゲートさえまともなら絶対通用とは所見で出した通り。ただまともな駐立から2度出遅れており、そこが不安で多少軽視してしまった。 勝負所でムチに怯んでキレ込んでしまったけどあれくらいは耐えて欲しい所じゃないかな。まず強い内容。フェアリーSから見込んでた馬だから、嬉しいよ。

手前を替えて確り伸びていたし、走る気勢は十分。

マイル路線の馬だけど折り合いはつくし2000mはこなせると思う。秋華賞も是非視野に入れて欲しいね。




ワントゥワン 2着

前走よりも確固たる感じでの後方待機策。前回でデムーロ騎手も相当手応えを掴んでいたんじゃないかな。

タメに徹した分でキレ脚を最大限に発揮しての2着だし秋に向けて戦法の前進が得られた良い競馬だったと思う。

追込みは負けるとすれば追って届かずしかないから、あの差なら仕方ないで済む。勝ち馬も強かったし3キロの斤量差も活かされてしまった感じ。

G1は十分に挑戦の価値がありそうだね。




エイシンティンクル 3着

400m手前でムチが入った所を見ると少しオーバーペースではあったのかも。最後はボテ脚気味になっていた。1000m~600m間で後続が詰めてきたのが響いたかも。序盤で逃げの手合いを作ったのはかなり見事だったと思う。

折り合いがよくつく分、消耗を抑えた逃げにしてあげた方が持ちそう。コーナーが4つあるコースで息を入れながらの方が良いかも。

スタートは良いし、自分の競馬を作れる。OPで再度期待。