アクセスランキング 【北九州記念2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【北九州記念2018】最終追い切り所見  1/3  元馬術選手のコラム【競馬】

アクティブミノル、アサクサゲンキ、アレスバローズ、アンヴァル、カネトシブレス、グレイトチャーター

北九州記念2018の追い切りについて所見を述べていきます 1/3 by アラシ




アクティブミノル

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F55.1  3F39.9  2F25.9 1F13.1

アイビスサマーダッシュ8着。29戦消化で馬が手抜きになっているのか追ってからの反応が殆どない。かなり厳しいと思うよ。

時計はキリが良いから55.0-40.0-26.-0-13.0の予定通りなんだろうけど、この時計にしてはちょっと脚が忙しそう。

27点




アサクサゲンキ

栗東 坂路  良 水曜日 併せ 一杯

4F52.7  3F38.3  2F25.0 1F12.4

CBC賞4着。短距離でもタメを作って鋭く追い込んでくる。前での競馬も出来るし枠次第で有る程度作戦に融通が利く。小倉の多頭数で後方にいると呑まれてしまうので前に行ける枠なら。当然ここはチャンスあり。

追い切りは短距離馬としてはそこまで速くない52.7秒にも関わらず終いでシンドそうな所が出た。もっとやれる馬だと思ったけど現状こんなモンなのかな。

48点




アレスバローズ

栗東 坂路  良 水曜日 単 終い強め

4F55.7  3F39.7  2F25.2 1F12.0

CBC賞1着。あんまり馬群にいれる競馬は得意でないハズなんだけど、前走は中団馬群の中でそこそこの雰囲気で折り合いがついていた。その分、勝負所も良い位置におりそこから弾けたから勝てたという感じ。いつも最後方まで下げたりせざるを得ない馬なんだけど、進歩したのかな。

追い切りでもやはり頭が高くて周囲をかなり警戒している風なんだけどな。他馬のいない時間にやっていてもこれだし、普通なら馬群は絶対NGのハズ。ただ、前走時もこういう雰囲気だけど力強く勝ったから評価はうかつに下げられない。

72点

アンヴァル

栗東 P 良  水曜日  併せ 一杯

5F64.1 4F50.0 3F37.1 1F11.6

葵S6着。堅実にある程度ロスのあるコース取りで回ったからね。それで6着なら積極策に出てハマれば前進するかも。

追い切りはポリで結構一杯気味に追われたけどハミの取りが今ひとつ。フラッとした雰囲気が抜け切れていなくて、あまり良く見えないな。

40点

カネトシブレス

※追い切り映像は無し。

さくらんぼ特別3着。手応えよく回って来るも4角でモタつきやや追い遅れる形に。最後は脚勢上位だったし、スムーズなら違うハズ。2走前はモタつきは無かったんだけどな。

グレイトチャーター

栗東 坂路  良 水曜日 単 馬なり

4F54.1  3F38.0  2F24.5 1F12.2

CBC章18着。4角で完全に手応え一杯で全く見せ場無し。あの時は追い切りも失速していて4点つけたし相当状態が悪かったのかも。

今回の追い切りは前走で感じたような失速感はとりあえずない。ただ、四肢だけでかなりバラっと崩れたフォームで走っているし、悪く見えるのは引き続き変わりない。

8点