アクセスランキング 【札幌記念2018】レース回顧 サングレーザー、マカヒキ等 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【札幌記念2018】レース回顧 サングレーザー、マカヒキ等 元馬術選手のコラム【競馬】

札幌記念2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




サングレーザー 1着

やはり初の2000mとあって道中若干ハミを嚙んだ。内枠で前に馬を置きながら福永騎手が上手くなだめて乗れていた所はある。4角はロス無く来れたけど、直線で前が壁になるヒヤっとする形勢に。ここで無闇に動かさずジックリ待てたのはさすがダービージョッキー。

勿論、相当な手応えを感じていたのがあるんだろけど、最後は僅かに開いた所をこじ開けて一気に追って恐らくゴール板前だけ一瞬先頭に立ってのゴール。あの狭い所を割って来れたのだから、脚は相当残っていた感じだね。

見事な勝利だけど、道中の行きっぷりから2000mはやや適性のある距離より外れているかも、と言う印象。

マイルの主役として秋のG1戦線に期待したいな。




マカヒキ 2着

かなり強い競馬をしたけど、序盤で行きっぷりがつかなかったのは休み明けの分か。正直、枠が枠だしもっと好位、ゴーフォザサミットの近くら辺取って来ると思ったんだけど。。。前が行き合ってやはりのハイペースになったのは結果オーライかも。ルメール騎手自身は最初に手控えた様には見えなかったし、単純に馬の気合乗りがもう一つだったのかなと思った。

ただ、それにしたってコーナーで馬8頭分の所を大外ブン回して最後まで伸びているんだからね。驚異的な競馬をした事には変わりないよ。早め早めに動いていって、ジックリ溜めたサングレーザー、モズカッチャンに手応えで勝っているのだから、やはり能力の次元そのものが高い。これだけ外回して最後まで伸びているんだから本当に凄い。

最後はクビの上げ下げで2着だったけど、十分手応えを得られる一番強い競馬をしていたと思う。陣営もこれで秋のG1戦線に自信を持って送り込めるハズ。

この秋も楽しみ。主役の一頭として活躍を。




モズカッチャン 3着

大外枠ゆえに腹を括って最後方へ。デムーロ騎手らしい肝の据わった競馬だった。ペースが速くなり後ろから届く競馬になったのも良かった。

それにしてもこの直線の短い札幌で4角回り切るまでタメに徹して、直線だけの競馬で活路を見出して追い込んで来るんだからデムーロ騎手は負けたとは言え神騎乗と評して十分だろう。それに応えて見せた馬も強かった。

この競馬なら秋の古馬牝馬戦線では当然上位。牡馬と戦うのか牝馬路線か分からないけど、やはり楽しめそうだね。

人馬ともに見事な走りだった。

ミッキースワロー 13着

道中の運びが何故か忙しそうにしており、リズムが崩れていた。それでも4角では馬なりで前を追走できていたんだけど、直線でアッサリ失速。

物見が激しく、精神的に脆いところがある馬だから馬群に入るとこんなものなのかもな。

外を通ってストレスなくいければ。

ネオリアリズム 14着

ストレスの掛からない前めを確保できたけど、そのままハイペースになり600m先団が崩れる流れに。直線で他馬に競られて怯んでしまいそれまで。

ポジションは良かったけど、ペースが速すぎたかも。スムーズに行けばいきなり変わってもおかしくない馬だと思う。

オッズに関わらずこれからも警戒は必要。