アクセスランキング 【紫苑ステークス2018】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【紫苑ステークス2018】最終追い切り所見  2/3  元馬術選手のコラム【競馬】

パイオニアバイオ、ハーレムライン、フィニフティ、ホクセンジョウオー、マウレア、メサルティム

紫苑S2018の追い切りについて所見を述べていきます 2/3 by アラシ




パイオニアバイオ

美浦 南W 重  水曜日  併せ 強め

5F68.8 4F53.5 3F39.5 1F13.6

オークス7着。直線追ってからヘッドアップして馬群を割るのを躊躇していた感じはするな。前めに行ってストレスの無い好位からスパート出来れば十分面白い。

追い切りでも追ってヘッドアップするのは変わらないな。それでも僚馬を楽々制しているし、実力は上位。先手の競馬で粘り切りを。

82点




ハーレムライン

美浦 坂路  やや重 水曜日 単 馬なり

4F55.5  3F39.9  2F26.0  1F12.8

桜花賞14着。スタートは先ず上手く、好位置は取れそう。桜花賞の直線を見る限りこの馬も馬群でナーバスになったように見えたな。

追い切りは馬なりで軽く。55.5-40.0-26.0-13.0と予定時計。終いちょっと伸ばす指示だったのかな。イメージ通りには来ているんだろう。

50点




フィニフティ

※水曜日時点で追い切り映像は無し。

桜花賞12着。堅実である程度ロスの有るコース取りとは言え、終いは早々に一杯気配。今回のメンバーの中でもちょっと見劣る部分はあるかも知れないな。

ホクセンジョウオー

美浦 南W 重  水曜日  単 馬なり

4F52.5 3F38.4 1F13.1

500万下1着。先手から直線一杯でシンドい勝ち方。評価要素は少ない。見映えのしない華奢な体格で中々走る馬とも感じられない。

追い切りも然りで動きは素軽いんだけどフットワークに力感が無い。競り合いになったら負けてくる雰囲気。どうか。

10点

マウレア

美浦 南W 重  水曜日  併せ 馬なり

5F69.2 4F53.2 3F39.2 1F13.5

オークス5着。内枠から五分に出てアーモンドアイをマークする事に成功するも、勝負所で一気に引き離されて完全敗北(出走馬全てに言えるけど)。突き抜けては来なかったけど、この馬なりに頑張って最後まで伸びている。折り合いがつく分、距離はもっとある方が強みが活きそう。

鞍上が拳を殆ど動かさないままこれだけ動ければここでは十分過ぎる内容。馬場状態をものともしていないし呼吸を全く乱す事なく僚馬を楽々制している。

十分勝負出来る状態にあると思う。

96点

メサルティム

栗東 坂路  不良 水曜日 単 強め

4F53.6  3F38.6  2F25.0  1F12.6

フラワーカップ6着。良いスタートから前に行くも4角で怪しくなり直線後退。久々でどれだけパワーアップしているか。

時計を出してきているけど、この時計にしては若干勇み脚なのと最後フワッとしているのは気になる。悪い動きではないけど重賞レベルのものではないと感じたな。

46点