アクセスランキング 【紫苑ステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【紫苑ステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

紫苑S2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ノームコア 1着

外枠から素早く好位を確保して不利の無い位置取りで進められた。序盤、ロフティフレーズに交わされた所で行きたがる気配は出たけど、抑えが利く範囲内だったし折り合いには問題ない馬だと再確認。

4角でロフティフレーズが良い感じにバテて下がってくれたお陰で直線では安心できる位置取りに入られて完全に自分のタイミングで追い出せた。

坂で一発ムチを使ったくらいで後はグングン伸びて33.6秒の完勝だからね。強い印象だよ。本番では当然スーパーホースを相手に挑む事になるワケだけど、その後ろに続いて来てもおかしくないだけの力量は持っている。




マウレア 2着

内枠で折り合い良く運べて、直線捌くのもかなりスムーズではあったけど勝ち馬にそれ以上の絶好のタイミングで追い出されたのでは厳しかった。

ただ、最後まで勝ち馬との差は詰められていなかったから同時に追い出せても厳しかったとは思うけどね。

大人しいタイプの馬なんで休み明けだとこんなモンじゃないかな。ここを叩いて気勢が上がってくればもう一回り前進してもおかしくないと思うよ。

当然、本番も馬券圏内は狙える。




ランドネ 3着

いつも通り果敢に前に行って粘りに賭ける競馬。いつも積極的に前に行っても直線はワリと粘り込む気配を出すし決して悪い馬ではないんだけどね。

中山開幕週でペースも程ほどに落として絶好の競馬をしたと思うよ。

秋華賞だとこれにローズS組も混ざる上に、怪物も一頭参戦してくるワケだからまともでは当然厳しい。