アクセスランキング 【セントウルステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
競馬グッズの通販ならターフィー通販クラブへ!

【セントウルステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

セントウルS2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




ファインニードル 1着

イン有利な開幕週で勝負所で中団の位置取りになったにも関わらず、ノーステッキで差をつけて勝つんだから当然評価は高い。ハイペースだったのも味方したとは思うけどね。

追い切り段階からかなり動いていたけど、レースでもそれがそのまま出た感じだね。

一度叩いて上積み、という余地は正直少ないと思うけど、これだけ走れれば当然本番でも主役視は出来る。

春秋のスプリント王戴冠に向けて視界良好と言った所だね。本番も楽しみだよ。




ラブカンプー 2着

ロケットスタートから必勝の手合いに持ち込む事ができた。アイビスSDでも好スタートからスムーズに好位を取れている馬だからやはり1200mなら尚の事スムーズに位置取りが出来るんだろう。

200mまでムチを温存した最高の競馬をしていたけど、勝馬の決め手には屈する事に。最高の競馬をしたけど、力量でファインニードルにその上を行かれたと言う事じゃないかな。ハイペースで行ったのも最後で響いた感じはするね。

いつも良い競馬をしているんだけど、決め手の差で最後は交わされてしまう。

本番も馬券候補には成り得るとは思うけど、やはり決め切るには力不足かなとは思う所はある。




グレイトチャーター 3着

先に行けず後方待機になったけど前半が33.3秒と結構なペースになったお陰で直線勝負でも上位に来れた。上2頭が強かった・頑張ったと言う感じだね。

序盤で出していくと4角でアクセクしだすレースも多いからハラを括って後ろから一気の競馬をする方がハマるチャンスも増えるかも。

本番はネガティヴ視。