アクセスランキング 【ローズステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】
追い切り映像は下記バナーからJRAレーシングビュアー(月額540円)に申し込み!

【ローズステークス2018】レース回顧 元馬術選手のコラム【競馬】

ローズS2018のレース回顧をしていきます。Byアラシ




カンタービレ 1着

スタートが良すぎて掛かってしまう様なレースで、トライアルとしては内容自体に課題は残したと思う。途中で上がっていってしまって、本来なら格好の目標にされる危険な位置ではあった。

そこから直線よく伸びたとは思うけど、1~8着までが33秒台を使った上がりの競馬である事を考えると評価の上昇幅はあまり多くない。

展開面の恩恵を受けられたレースだと思うし着差通りに評価するのはどうかなと言う印象。

2000mへの延長もこの雰囲気だとどうかな。先手が取れるのは春と同様でそこは大きな強みだと思う。




サラキア 2着

スタートが悪いのはここでも出た。秋華賞も位置取りには覚悟が必要だね。今回はそこまで遅れてなかったけど、前進しているかどうかの評価はまだ出来ないな。

中団で捌き易そうな所に上手くポジションを取って、スローを察したのか動くのも早めで理想的。33.4秒の上がりを繰り出したけど、先頭の馬に33.6秒を使われたら展開的にどうしようも無いという事だろう。33.2秒で勝ち負けだったワケだけど、そこまではどうにも要求しようがない。

負けはしたけど、力は示している。末脚はあるしスタート次第で秋華賞も当然圏内は期待。




ラテュロス 3着

好スタートから好位で手控えた。今まで逃げてばかりの馬だから、こういう控える競馬が出来たというのを確認出来たのは大きな収穫になったと思う。

少しセカついていた様にも見えたけど、拳で十分御せていたし折り合いはついていたんだと思う。インビタの騎乗がハマった感じは正直強いね。直線入った時点で最内はガラガラだったから。

秋華賞はネガティヴ視。

サトノワルキューレ 6着

まさかの大幅出遅れ。スタートに課題のある馬だけど今回は特に盛大にやらかした。ハラを括って最後方待機からのイン突きに賭けたけど、中々捌けずまともに追えたのはラスト1F手前くらいから。

33.1秒の上がりを繰り出して最後方から6着まで上げて来ているし、やはり強いし末脚は信頼出来る。

スタートに不安は残るけど、折り合いはつくし、末脚は頼もしい。

秋華賞も圏内は十分狙える。

オールフォーラヴ 9着

追い切りでもハミを嫌がっていたけど、レースでもハミとケンカになり完全にコントロールを喪失。これでは呼吸が激しくなってしまい距離のあるレースでは持たない。前を走っていた馬に2回横切られていたけど、それだけであんなに乱れるのもどうか。

直線早々にバテて後退したのはあの道中を見れば納得と言った所で、典型的な「掛かって負けた」の競馬。

オークスでは折り合いはついていたんだけどな…。ちょっと様子を見たいと感じたね。